ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

100均スピーカーをステレオ化して木目仕様に

100均で売られているスピーカーは手軽に使えて便利。とはいえ、本格的に音楽を楽しむにはモノラルなこともあり、満足できるレベルとはいえません。そこで、100均スピーカーを4つ用意してステレオ化。さらに木目調の箱にセットして高級仕様に改造してみました。詳しく見ていきましょう。


スポンサーリンク
100均スピーカーをステレオ化して木目仕様に

セリアの100均スピーカーを改造

100均のスピーカーは、PC周りの音響をよくしたい時や、スピーカー機能が非搭載のiPod nanoの音源を出力させる時などに重宝します。しかし、あくまでも“簡易的”に使用するもので、音量を上げれば音割れして満足には使えないレベルです。

そこで、100均の頼りないスピーカーを本格的なオーディオスピーカーに改造していきましょう。100均スピーカー4つと、小型アンプキット2つを用意。アンプ1基に2つのスピーカーを接続して、左右から迫力ある音量を出力させます。

主な材料は、セリアの100均スピーカー×4と、インテリアシート×2、B4ボール紙8枚入りです。これに加えて、秋月電子通商のTA7368使用小型アンプキット×2を使用しました。

100均スピーカーをハンダ付け

まずは100均スピーカーのケースをこじ開けて、スピーカー本体を取り出します。続いて、ボディの型作りにボール紙をカット。25.7W×15Hcmの長方形を8枚、15W×15Hcmの正方形を2枚作り、白面に木目シートを貼ります。

次は、各パーツをアンプ基板にハンダ付けするステップ。スピーカー端子、単3形乾電池×2本の電池ケース、3.5mmステレオジャックをアンプ基板にハンダ付けしてください。

最後は四角柱に組み立てて音声出力するステップ。長方形紙にスピーカー径に合わせた穴を開け、セロテープで固定します。ステレオジャックも穴を開けて作成。アンプの出力は右に回せばボリュームがアップします。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事