ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

エポキシ接着剤の溶接並みの強度を試してみた

溶接並みの強度を持つハイパー接着剤がエポキシ接着剤です。とはいえ、エポキシ接着剤は通常の接着剤よりお値段高め。なかなか使う機会がありません。そこで実際にエポキシ接着剤を使用して、その接着力を試してみました。エポキシ接着剤の強度は一見の価値アリです。



スポンサーリンク
エポキシ接着剤の溶接並みの強度を試してみた

エポキシ接着剤はあらゆる素材に対応

接着剤にこのお値段、なかなか使う機会はないかもしれません。でも、耐久性抜群、熱にも衝撃にもびくともしない最強接着剤があれば、どんな素材でも接着可能です。

とくにエポキシ接着剤「オートウエルド」は鉄、アルミ、コンクリートをはじめ、石や木材など「硬い素材ならなんでも」使用できるという優れもの。自分では太刀打ちできないと諦める前に、試してみる価値ありです。

隆盛コミュニティの「超強力接着剤オートウエルド」は実勢価格1,694円。鉄、アルミ、真鍮、銅、木材、プラスチックなどあらゆる素材に対応するエポキシ接着剤です。1平方メートルあたり300kgもの接着力を持っています。

エポキシ接着剤でアルミ板同士を接着

実際に、このエポキシ接着剤を使ってみました。まず赤と黒のチューブからパテ剤を絞り出します。両方のパテ剤が同じ量になるようにするのがポイントです。

続いて、2液を色ムラがなくなるまでしっかり混ぜ合わせます。25分以内に使用しないと固まってしまうので注意しましょう。

エポキシ接着剤でアルミ板同士を接着してみました。剥がそうとするとアルミ板がぐにゃっと曲がって負けてしまうほどの接着力。ちなみに、研磨、ドリル、ねじきり加工も可能です。この情報は『ラジオライフ』2015年11月号に掲載されていました。(文/馬塲言葉)

■「エポキシ」おすすめ記事
ディンプルキーの合鍵を画像から自作する方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。