ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

フットライトを車内に取り付けてグレードアップ

足元をムーディーに照らしてくれるフットライトは、クルマのグレード感を高めてくれるもの。そこで、照明のない足元にフットライトとしてLEDを取り付ける方法を紹介しましょう。フットライトの電源はシガーソケットから取るだけなので作業はいたって簡単です。



スポンサーリンク
フットライトを車内に取り付けてグレードアップ

フットライトを車内に取り付ける方法

今回、車内に取り付けるフットライトはシガーソケットから電源を取り、分岐ターミナルで運転席と助手席に電源を分配し、LEDライトに接続します。さらにドアスイッチや新たにスイッチを増設すれば、ドアの開閉や任意の操作でフットライトをオン/オフできるようになります。

フットライトに使用した商品と価格は、3連フラットLEDが731円、LEDレンズカバーが378円、プラス・マイナス分岐ターミナルが962円、接続コネクタ8個(4セット)が361円、配線コードが194円です。合計で3千円もかかりません。

さっそく、フットライトを車内に取り付ける方法を見ていきましょう。作業前に、分岐ターミナルの設置場所を決めたら、あらかじめその距離に応じた長さにケーブルを切り出しておきます。

フットライトを取り付けるポイント

まずは分岐ターミナルにシガーソケットからのコードを接続。コード側面の白線でプラス・マイナスを見分けて、間違えないようにしましょう。

次にLEDと分岐ターミナルの間を結ぶケーブルを作成します。接続コネクタを取り付けます。赤(プラス)、黒(マイナス)のコードはバラつかないようにひねるとよいでしょう。

続いて、3連フラットLEDに専用のカバーを取り付け。LEDから伸びるコードに接続コネクタを付ける前に、カバーの穴にケーブルを通しておくことを忘れないようにします。

最後に、LEDレンズカバーに収めたLEDライトをダッシュボードの下側に両面テープで貼り付け。座席に座った位置からは、フットライトのLEDの光が直接見えない位置に取り付けるのがポイントです。この情報は『ラジオライフ』2015年11月号に掲載されていました。

■「車」おすすめ記事
車のガラスコーティング剤をスマホで使ってみた
車の傷消しといえばデュポンのリペアスティック
断熱フィルムの方がスモークフィルムより涼しい
冷却スプレーで炎天下の車内をクールダウンする
車中泊グッズはリアカーテンとフロントシェード
車中泊グッズで温かい食事とテーブルを用意する
車中泊のカーセキュリティおすすめ便利グッズ
車中泊はマットでリラックスできる寝床を確保
静音計画の風切り音防止テープを上手に貼るコツ
車の傷消し!自分で修復するための4工程とは

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。