ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

秘密基地が手に入る「Kakureya」使用リポート

秘密基地は市販されています。それが室内に完全な個室空間を創出するユニット「Kakureya」です。現在は価格別に3種類のKakureyaが販売されています。さっそく秘密基地のような個室空間をチェックしていきましょう。価格は20万弱から80万円弱と幅広いラインアップになっています。



スポンサーリンク
秘密基地が手に入る「Kakureya」使用リポート

秘密基地のような完全な個室空間

「Kakureya」は秘密基地のような、完全な個室空間を部屋の中に創出するこのユニット。ガンダムをイメージした巨大ロボの操縦席のような近未来的な外観が特徴です。

製造元のフレスコは「個室家具」というユニークな発想でメディアからも注目を浴びています。早くから家具のネット販売を始めていたのですが、大手も次々参入。何か注目を浴びないとという危機感もあったいいます。

「Kakureya1」はレール上をスライドする重厚な専用イスが、そのまま壁となる初代の秘密基地。サイドに換気口があるため防音ではありませんが、内部は静かに感じる空間です。サイズは120W×150H×125Dcmで、価格は798,000円となっています。

リラックスできそうな秘密基地

Kakureya1に比べ素材を変え、内部構造をシンプルにするなどして価格を抑制しているのが「Kakureya2」。イスにはKakureya1にはなかったリクライニング機能を追加しています。

Kakureya2は、よりリラックスできそうな秘密基地です。サイズは120W×150H×125Dcmで、価格は398,000円となっています。

「COZYROOM」はKakureyaの後継機種。秘密基地というより学習机を木材で覆ったような印象で、受験生もこれなら集中して勉強ができるかもしれません。このタイプにはカギが付属します。サイズは118W×150H×125Dcmで、価格は198,000円です。この情報は『ラジオライフ』2015年11月号に掲載されていました。

■「秘密基地」おすすめ記事
ダンボールハウスで秘密基地をDIYする方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事