ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

無線ルーターのおすすめ簡単パワーアップ改造

スマートフォンの普及により無線LANを導入する家庭も非常に多くなっています。このため、マンションや住宅密集地では近隣のWi-Fiを拾うこともしばしばです。そこで、無線ルーターのおすすめ簡単パワーアップ改造を紹介しましょう。外付けアンテナで無線ルーターをパワーアップします。



スポンサーリンク
無線ルーターのおすすめ簡単パワーアップ改造

無線ルーターのおすすめ改造の手順

格安の非力なアンテナ内蔵の無線ルーターは、近隣の強力な無線ルーターに妨害されてしまうこともあります。最近ではハイパワータイプの無線ルーター端末も増えてきたので、その傾向は増すばかり。そこで、途切れがちになる無線ルーターをちょっとした安価な改造で蘇らせましょう。

今回改造したのは、アンテナ内蔵タイプのLogitecの無線LANルーター(300Mbps)。実勢価格は5,700円です。これに「変換名人 無線LAN 内蔵アンテナ外付ケーブル」600円×2本と「変換名人 無線LAN 対応SMAアンテナ」300円×2本を使います。

無線ルーターのおすすめ簡単パワーアップ改造の製作手順です。ACアダプタを抜いて作業開始。無線ルーターのネジ類をすべて取り外し、外装を取り外して2つに割ります。

無線ルーターおすすめ改造でアップ

基板のアンテナコネクタから外装へ、内蔵アンテナが取り付けられているはずです。これは不要なので取り外します。そして、外付けアンテナのコネクタ部を取り付けるためドリルで穴を開けてください。基板類に干渉しない場所を選びましょう。

外カバーに開けた穴にSMA端子を取り付け、グラつかないようにしっかり固定。次に基板用コネクタをしっかりと接続します。ハンダで取り付けられている場合は、コネクタの先端を加工しハンダ付けしてください。

分解と逆の手順で無線ルーターを元に戻し、動作確認をして改造完了です。Androidの無料アプリ「WiFi Analyzer」で改造前と後で電界強度を測定。無線ルーターのおすすめ改造で、-68から-56dBmにアップしました。この情報は『ラジオライフ』2015年11月号に掲載されていました。

■「無線ルーター」おすすめ記事
Wi-Fiルーターにおすすめ!ボウルで速度アップ

■「Wi-Fi」おすすめ記事
コンビニのWi-fiで一番飛ぶのセブンだった
iPhoneの裏ワザでWi-Fiの速度をアップさせる
FlashAirでデジカメとスマホをWi-Fi接続する
スパイカメラはWi-Fi遠隔視聴で失敗知らず

■「パワーアップ」おすすめ記事
Chrome拡張機能を非公式にパワーアップする
無音カメラでiPhoneカメラ機能をパワーアップ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事