ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ルームランプをLED化すると明るさ大幅アップ

車内のルームランプは、従来の白熱電球だと意外と暗いものです。ルームランプをLED化すると明るさ大幅アップします。ただし、LEDは基板状となっているため、ルームランプのLED化はちょっとした作業が必要になります。ルームランプをLED化する手順を紹介しましょう。



スポンサーリンク
ルームランプをLED化すると明るさ大幅アップ

ルームランプをLED化する手順

ただし、LEDは基板状となっているため、バルブソケットにダミーバルブを取り付けるかたちで電源を取り出す「LED用ソケット電源」を使用。LEDは面発光タイプを利用することで、ルームランプカバー越しにムラのない光源となります。

今回、使用した商品と価格は面発光フラットLEDが946円、LED用ソケット電源(T10×31・T10)が524円。合わせて2千円もかかりません。それではルームランプをLED化する手順を紹介しましょう。

まずはLED用ソケット電源とLEDのコードにそれぞれ接続コネクタを取り付けます。「細線用電工ペンチ」を使ってコードにコネクタ用ピンを圧着してください。細線用電工ペンチの実勢価格は1,500円です。

ルームランプにLEDを貼り付ける

完成したピンをコネクタハウジングに差し込みます。この時にピンの付いたケーブルとハウジングのプラス・マイナスを間違えないように配線しましょう。さらにフラットLEDにコネクタを装着。LED用ソケットと接続します。

ランプカバーを外したら管ヒューズ状のT10バルブの取り外し。しっかりはまっているので、「電球→LED交換工具セット」のバルブクリップを使用します。電球→LED交換工具セットの実勢価格は793円です。

LED用ソケット電源のダミーバルブを装着。フラットLEDを両面テープでルームランプのベース部に貼り付けて作業は完了です。この情報は『ラジオライフ』2015年11月号に掲載されていました。

■「LED」おすすめ記事
ヘッドライトLED化の格安キットを取り付けた
単三電池1本でヘッドライト並みのLEDライト
LEDライトにエネループを使うときは注意が必要
LEDライト最強!1km先を照らす遠方照射モデル

■「車」おすすめ記事
フットライトを車内に取り付けてグレードアップ
車の傷消しといえばデュポンのリペアスティック
車中泊グッズはリアカーテンとフロントシェード
車中泊グッズで温かい食事とテーブルを用意する
車中泊のカーセキュリティおすすめ便利グッズ
車中泊はマットでリラックスできる寝床を確保

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事