ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アマチュア無線機をカジュアル化したUV-5Rとは

中華ハンディ機ブームを牽引しているのがBAOFENGの「UV-5R」です。UV-5Rはブラックだけではなく、ブルー、レッド、イエローのカラーバリエーションを展開。価格も含めて、UV-5Rがアマチュア無線機をカジュアル化したといえるでしょう。UV-5Rについて詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
アマチュア無線機をカジュアル化したUV-5Rとは

UV-5Rのバリエーションモデル

UV-5Rはカラフルなボディカラーだけではなく、型番の末尾が異なるバリエーションモデルが存在。デザインが異なっているネットショップ向けの高級感を出した「UV-5R+Plus」や丸みを帯びた「UV-5RA」などがラインアップされています。

しかし、同じボディでも型番が違っていたり、異なるボディでも同じ型番のモデルがあったりと、その辺りのいい加減さは中華クオリティです。ユーザーを混乱させつつも面白さを増しています。

UV-5Rの中身はどれも同じ。周波数ステップなどの設定が微妙に違っているようですが、ファームウェアの書き換えも行われているようで、これも基準にはなりません。

UV-5Rには熱烈なコレクター

また、販売先を限定した「GT-3」や「UV-860」といった、デザインが大きく変わっているモデルもあります。海外には、それらを集めている熱烈なコレクターもいるほどです。

なお、UVー5Rシリーズの共通スペックは、受信可能周波数範囲が65~108/136~174/400~480MHzで、送信可能周波数範囲が136~174/400~480MHz。送信出力は5/1Wとなっています。

電池は7.4V専用リチウムイオンバッテリー。メモリー数は128チャンネル×1バンクで、スキャン速度は毎秒3.9チャンネル、サーチ速度は毎秒7.1チャンネルです。アマチュア無線機として使うには改造を施して保障を取得しなければなりません。

■「アマチュア無線機」おすすめ記事
UV-5Rをアマチュア無線機として運用する改造
海外仕様アマチュア無線機は日本製でも使用不可
受信機として活用できる最新アマチュア無線機
アマチュア無線の新しい楽しみ方が「WIRES-X」

■「UV-5R」おすすめ記事
BAOFENGのUV-5R合法機化に用意するものとは?
BAOFENGのUV-5Rをワンクリックで合法機化する
UV-5RをAmazonで買うならショップ選びが重要
UV-5Rシリーズが中華ハンディ機の主力の座に
広帯域受信機を4,000円で手に入れる方法とは
BAOFENGのUV-5Rをオプション込みで買う理由

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事