ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

アイコムIC-2730は高感度ながら自主規制が弱点

デジタル無線のD-STARを推進するアイコム。FMモービル機は消滅するのかと思いきや、FM機は必要との判断からでしょう、2014年に「IC-2730」が発売されました。「IC-2720」の後継機なので、進化している部分もありますが、2012年以降のアイコムの姿勢が如実に現れた仕様になっています。



スポンサーリンク
アイコムIC-2730は高感度ながら自主規制が弱点

受信感度に定評のあるアイコム

IC-2720で好評だった、フラットで高い受信感度はそのままに、200チャンネルだったメモリーを一気に1,000チャンネルへと5倍増。サーチバンドも5組から25組へと、こちらも5倍増。IC-2720の泣き所を克服した“受信スペック”です。

しかし、これらの5倍増を活かす場は、奪われてしまいました。広帯域受信を売りにしたIC-2720の受信範囲は絞り込まれ、AMモードが設定できた220~360MHzがごっそり落ちているなど、FMモードを含め、IC-2730は受信できない無線局を多数生み出しています。

進化したメモリーがおもしろ無線の受信に活かせないという、ジレンマに陥ることに…。200~300MHz帯の受信感度には定評のあるアイコムだけに、この帯域が受信できないのは、IC-2730にとってウイークポイントになります。

アイコムらしいアマチュアバンド

毎秒17チャンネルのスキャンスピード、受信機を凌駕する毎秒37.4チャンネルのサーチスピードは、モービル機としては俊足。残された受信周波数帯へ贅沢に使いましょう。バンクリンクスキャンも可能なので状況に応じたスキャンが選べます。

そのスキャン&サーチをサポートするのが一時スキップ機能。クルマでの移動中にありがちな、ノイズでスキャンが止まった時に5分、10分、15分の時間だけ、ノイズを発するメモリーをスキップする機能です。5~15分も走ればノイズ源から遠のくので、自動的にスキャンに復帰します。

アイコムらしく、アマチュアバンド付近での感度は抜きん出ており、FMモービル機としての完成度は高いモデルです。この情報は『ラジオライフ』2016年4月号に掲載されていました。

■「アイコム」おすすめ記事
アイコムIC-R6はテンキーレスでも俊足スキャン
IC-R6のユーザー評価が高い理由は電池の持ち
IC-R6は総合性能が高くて航空祭に向いている
アイコムIC-2730は高感度ながら自主規制が弱点

■「無線機」おすすめ記事
八重洲無線の大人気「WIRES-X」ってなんだ?
八重洲無線の「WIRES-X」でノード局を開設
八重洲無線「WIRES-X」ノード局開設の必要機材
アマチュア無線の新しい楽しみ方が「WIRES-X」
八重洲無線VR-160は超小型ボディに多彩な機能

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事