ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好

ソニー「ICF-M780N」の特徴は、AM/FMラジオ放送に加え、短波放送のラジオNIKKEIも受信できることです。似たような機種として、ソニーの中波最強機とも呼ばれる「ICF-EX5MK2」がありますが、そこから同期検波機能を省いたデジタルチューニング版という感じでしょうか?



スポンサーリンク
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」

ソニーのラジオとしてはお手ごろ価格

ソニーのICF-M780Nの受信周波数は、AMラジオ放送が531~1710kHz、FMラジオ放送が76.0~108.0MHz、ラジオNIKKEIは第1放送と第2放送の6波です。AM波は内蔵バーアンテナ、FM波とラジオNIKKEIは72.5cmのロッドアンテナで受信します。

ICF-M780Nの選局ボタンは「+/-」ボタンを採用。ダイヤル式より若干、選局に手間がかかってしまうのがやや残念なところです。実勢価格は8,900円と、ソニーのラジオとしてはお手ごろ価格といえます。

よく聞く放送局はプリセットボタンに、AM/FM/ラジオNIKKEI合わせて5局まで登録可能。ラジオNIKKEIを選択すると、周波数ではなくプリセットされている放送帯のチャンネル表示画面が表示される仕様です。

ソニーのラジオICF-M780Nのディスプレイ

ソニーのラジオならではのフィルター

スピーカーは10cmと大きく、音声は聞き取りやすく高音もよく出ています。ソニーのラジオならではの切れのいいフィルターを使っているのでしょう。

AMラジオ放送は、地元局の隣接周波数には影響が出ますが、地元局から±18kHz離れれば影響がなく、優れた選択度を持っています。大出力局なら問題なく受信できますし、350km以上離れた南海放送(愛媛県)、四国放送(徳島県)、西日本放送(香川県)などの5kW局も複数受信できたので、AM波の感度はかなり高いと感じました。

FMラジオ放送の感度も十分。ラジオNIKKEIも受信しやすい周波数を選択すれば、問題ありませんでした。全般的に感度面は良好です。

ソニーのラジオICF-M780Nの選局ボタン

ソニーのラジオ新定番ICF-M780N

AM波とFM波の感度がよくて、ラジオNIKKEIも聞けるラジオが欲しいけれど、周波数がダイレクトに表示されないICF-EX5MK2はハードルが高いという人には、周波数がデジタル表示されて、チューニングしやすいICFM780Nが最適です。

なお、電源は単2型乾電池×3本もしくはAC100V。本体背面には凹部があり、持ち歩くのにとても便利です。野外での遠距離受信には最適でしょう

ソニーのラジオの新定番、そしてラジオマニアの新定番機といえるでしょう。この情報は『ラジオライフ』2015年5月号に掲載されていました。

ソニーラジオの新定番ICF-M780Nの背面部

■「ソニーのラジオ」おすすめ記事
FM補完放送対応のクロックラジオ「ICF-C1」
AMラジオの受信感度で選ぶなら「ICZ-R250TV」
NHKラジオ英会話の録音・再生が便利なICZ-R51
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」
中華ラジオATS-909Xの感度はソニー高級機並み
ソニーのラジオ人気機種を本音でレビューした

■「短波ラジオ」おすすめ記事
短波ラジオを手軽に聞くTY-SHR3はFM補完放送対応

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事