ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

防災ラジオのおすすめは手回し充電のRF-TJ10

災害に遭った時にラジオから情報を得ることは身を守る上で重要です。そんなときに役立つのが防災ラジオ。情報ツールとしてだけでなく、不測の事態を想定してさまざまな機能を搭載しています。そこで、電源供給・ライト・ラジオと1台3役のおすすめ防災ラジオを紹介しましょう。



スポンサーリンク
防災ラジオのおすすめは手回し充電のRF-TJ10

防災ラジオでスマホの充電も可能

そんな防災ラジオのおすすめが、パナソニックの手回し充電ラジオ「RF-TJ10」。充電効率が優れており、充電ハンドルを1分間回せば14分間ラジオを聞くことができます。

さらに、USB5Vで電源を出力できるので防災ラジオでスマホの充電も可能。1分間の充電で連続通話は約2分、連続待受なら約1時間50分。ライトやサイレン機能もあり、1台あると電源・防災・ラジオと3役の活用ができます。

受信周波数はAMラジオ放送は522~1629kHz(9kHzステップ)、FMラジオ放送は76.0~90.0MHz(0.1MHzステップ)。サイズは140.4W×54.4H×52Dmmで254gとなっています。実勢価格は3,350円です。

防止ラジオおすすめは手回し充電ラジオ

防災ラジオの手回し充電は120回転/分

この防災ラジオの電源は充電もしくは乾電池。単4形乾電池×3本でも使用可能。本体側面の充電池/乾電池切り替えスイッチで選択します。

手回し充電をするときは、連続で回し過ぎると充電機能が消耗するので、2~3分間回したら1分程度休みを入れながら充電。間隔は120回転/分ほどです。

RF-TJ10は防災ラジオにしてはシンプルな操作スイッチ。本体上面には、ライト/切/サイレン切り替えスイッチ、電源、音量、FM/AM切り替え、選局スイッチを装備しています。この情報は『ラジオライフ』2015年5月号に掲載されていました。

■「防災ラジオ」おすすめ記事
防災ラジオを受信感度と動作時間で比較してみた

■「ラジオおすすめ」おすすめ記事
ラジオ録音機能で選ぶおすすめの機種はこれだ
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
携帯ラジオでFM補完放送を楽しむおすすめ機種

■「パナソニックのラジオ」おすすめ記事
ラジオ録音の予約も簡単にできる「RF-DR100」
AMラジオでも音質を重視したいならRF-U100TV
パナソニックのラジオの歴史…松下幸之助歴史館
パナソニックのラジオRF-DR100の本音レビュー

■「防災グッズ」おすすめ記事
手ぬぐいは使い方次第で防災グッズに早変わり

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事