ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

AMラジオの受信感度で選ぶなら「ICZ-R250TV」

ラジオ放送とワンセグテレビ音声を録音できるのが、ソニー「ICZ-R250TV」です。受信感度はAMラジオに関してはかなり優秀。FMラジオとワンセグテレビ音声も十分な仕上がりです。実勢価格は3万円を超える機種ですが、受信感度などを考えると価格に見合ったラジオといえます。



スポンサーリンク
AMラジオの受信感度なら「ICZ-R250TV」

AMラジオの外部アンテナ端子も装備

ICZ-R250TVの受信周波数は、AMラジオ放送が531~1629kHz、FMラジオ放送が76.0~108.0MHz、ワンセグテレビ音声が13~52ch。実勢価格は31,300円です

地域設定を行えば、地元局が自動的にプリセットへ登録できます。プリセット登録した放送局は、内蔵メモリ内にある「Sound Organizer」をPCにインストールすると、放送局名の編集が可能です。

アンテナは、AMラジオ放送は内蔵バーアンテナ、FMラジオ放送は52.5cmのロッドアンテナ、ワンセグテレビ音声は専用アンテナ(11.5cm)が用意されています。AMラジオ用とFMラジオ+ワンセグテレビ音声用の2つの外部アンテナ端子も装備。切り替えスイッチでアンテナが使い分けられるのもポイントです。

AMラジオの受信感度はかなり優秀

予約録音はプリセットされた放送局に対してのみ行えますが、「曜日」「毎日」「日時指定をして1回だけ」というように柔軟な予約録音が行えます。

AM/FMラジオ放送はMP3形式、ワンセグテレビ音声は著作権保護のため独自形式(拡張子1sa)で録音される仕様。なので、ワンセグテレビ音声を録音したファイルはPCで再生できません。

受信感度はAMラジオ放送に関してはかなり優秀。地元局以外でも大出力局は申し分なく受信でき、5kW程度の局もキャッチできました。FMラジオ放送とワンセグテレビ音声も、十分な仕上がりを見せます。

実勢価格は3万円を超える機種ですが、ラジオ放送やワンセグテレビ音声の録音が手軽にできること、ソニーという信頼感、受信感度などを考えると価格に見合ったラジオと評価できるでしょう。この情報は『ラジオライフ』2015年5月号に掲載されていました。

■「AMラジオ」おすすめ記事
AMラジオでも音質を重視したいならRF-U100TV
AMラジオの遠距離受信に九州最南端で挑戦した!!
南日本放送のFM補完放送をAMラジオと聞き比べ
AMラジオ局のFM補完放送が2015年12月から開始

■「ソニーのラジオ」おすすめ記事
FM補完放送対応のクロックラジオ「ICF-C1」
NHKラジオ英会話の録音・再生が便利なICZ-R51
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ソニーのラジオ人気機種を本音でレビューした

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事