ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」

BCLラジオの市場を席巻しているのが“中華ラジオ”。受信以外の機能を満載した機種や日本製BCLラジオを凌駕する高性能機など、従来の安いだけの機種とは違うBCLラジオが登場しています。そして、ソニーのラジオを超える性能を誇るのがTECSUN「PL-880」なのです。



スポンサーリンク
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」

PL-880は中華ラジオらしいDSP機

受信感度といい、音質といい「MADE IN JAPAN」を凌駕する超高性能機です。TECSUNの「PL-880」は中華ラジオらしいDSP機ですが、これは検波以降の信号処理をデジタル的に行うものです。

理論的には、無限の時間を与えることで完璧なフィルター処理が可能な技術です。CPUの性能向上により、十分な信号処理をリアルタイムで行えるようになりました。

PL-880の感度は高く、特にAMラジオ放送と短波放送はしっかりと電波を捕らえていることが実感できます。その一方で、強い電波が入ってきた時の挙動も安定しており、混変調に悩まされることもありません。

ソニーのラジオを超えたPL-880のディスプレイ

ソニーのラジオを超えたPL-880

PL-880は特に、AM波の受信時には受信帯域幅を9.0/5.0/3.5/2.3kHzから選択可能。音質が不自然に劣化することなく、近接妨害波だけをサクッと削ぎ落とす様はDSPの真骨頂です。

操作系も必要なボタンやツマミが独立して用意されており、ごく自然。電源オフ時には時刻が表示されますが、いずれかのボタンやツマミを操作するとバックライトが点灯します。

ささやかな配慮も高級機としての風格がなせる業。TECSUNのPL-880はソニーのラジオを超えたといっても過言ではありません。実勢価格は26,800円です。この情報は『ラジオライフ』2015年5月号に掲載されていました。(文/手島伸英)

■「ソニーのラジオ」おすすめ記事
FM補完放送対応のクロックラジオ「ICF-C1」
AMラジオの受信感度で選ぶなら「ICZ-R250TV」
NHKラジオ英会話の録音・再生が便利なICZ-R51
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ソニーのラジオ人気機種を本音でレビューした
FM補完放送に対応したソニーのラジオ5機種

■「TECSUN」おすすめ記事
TECSUNラジオのETM機能は旅先で威力を発揮する
TECSUNのロングセラー機は世界で人気のラジオ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事