ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

FMわっぴーは出力50Wの最北端のコミュニティFM

コミュニティFM放送局の最大出力は20Wですが、北海道の最北端にある「FMわっぴー」ことエフエムわっかないは、唯一50Wが許可されています。そこで、官民一体となった防災ネットワークを形成するFMわっぴーが示す、コミュニティFMの新しいスタイルを見ていきましょう。



スポンサーリンク
FMわっぴーは出力50Wの最北端のコミュニティFM

FMわっぴーが全国初の50Wへの増力

“FMわっぴー”の愛称を持つ北海道稚内市のエフエムわっかないは、1996年の開局。送信出力は1992年にコミュニティFM放送が法制化された、当時の上限10Wで放送開始となりました。

3年後、最大出力が20Wへ引き上げられ、FMわっぴーも20Wへ増力しています。しかし、稚内市が広大なため、20Wでも市内をフルカバーできません。特に宗谷岬の東側、東浦地域は不感地帯です。

このような場合、中継局の増設で対応するのですが、地理的な要因により中継局の数が膨大になるため、特例として2012年2月に、FMわっぴーは全国初の50Wへの増力が認められたのです。

FMわっぴーが防災ネットワーク

実は50Wへ増力しても、東浦地域のFMわっぴーの受信状態は改善されませんでした。市の防災対策の一環として東浦地域には、中継局設置の方向で動いています。これはFMわっぴーが、稚内市の防災ネットワークを形成しているためです。

稚内市を中心とする北宗谷地域の豊富町と猿払村、島嶼部の利尻町、利尻富士町、礼文町では、FMわっぴーが聞かれています。特に暴風雪の際は気象警報や注意報、道路情報が提供されるため、防災情報の発信源となっているからです。

現在、これらの4町1村への中継局の設置を検討しているといいます。本来は各町村がコミュニティFM放送局を開局するべきなのですが、地域的一体性がある場合、隣接市町村への中継局の設置が認められます。

今後、FMわっぴーのは北宗谷地域の情報源として、機能していきます。地元から地域へと、コミュニティFM放送局の新たなスタイルを示していくことになります。この情報は『ラジオライフ』2015年11月号に掲載されていました。

■「コミュニティFM」おすすめ記事
コミュニティFMに旧ガードバンドから割り当て
コミュニティFMが同報無線の代わって防災情報

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。