ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ELPAブランドのお手ごろ小型ラジオの性能は?

ELPAブランドの朝日電器は、配線器具、AVアクセサリー、照明器具、防犯用品などを製造する大阪の電気機器メーカー。ラインアップには小型ラジオも加わっています。そこで、4,000円台で購入できるELPAブランドのお手ごろ小型ラジオの性能を詳しく見てみましょう。



スポンサーリンク
ELPAブランドのお手ごろ小型ラジオの性能は?

ELPAはFM補完放送の周波数をカバー

ELPAブランドの小型ラジオは、いずれも「MADE IN CHINA」と記載されたいわゆる中華ラジオ。日本のメーカーが販売しているので、日本語の取扱説明書が付属しており、安価で入手しやすいのが特徴です。

ELPAの「ER-C56F」は2015年4月に登場したばかりの新機種。AM/FMラジオ放送と短波放送が受信できる上位機種の「ER-C57WR」と同じボディを使用しています。短波機能を削除してAM/FMラジオ放送のみに限定した下位機種という位置づけです。実勢価格4,200円と、ER-C57ERに比べ900円ほど安くなりました。

ELPAのAM/FMラジオの受信性能については、室内でも使えるほど実用レベルの耳を有しています。なお、FM帯の受信周波数は76.0~95.0MHzと、FM補完放送をカバーしているのもポイントです。

ELPAの小型ラジオの特徴は選局方法

ELPAの小型ラジオの特徴はテンキーとダイヤル、アップダウンボタンによる選局ができること。さらに「選局ステップ」ボタンは、AMバンドでは100kHz送り、FMバンドでは1MHz送りの早送りが可能です。

大きく周波数を動かせるので、「選局入力」ボタンを押して、テンキーで周波数を直接入力するよりも便利かもしれません。また、アップダウンボタンの長押しでサーチがスタートします。

ただし、例えばTOKYO FMの80.0MHzからサーチを再開すると、81.3MHzのJ-WAVEでは止まらずに、82.5MHzのNHK-FMで止まります。サーチ開始時の周波数に近い周波数はスキップするようです。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

■「ELPA」おすすめ記事
エアーバンドも聞けるELPAブランド最上位機種

■「小型ラジオ」おすすめ記事
携帯ラジオでFM補完放送を楽しむおすすめ機種
携帯ラジオを買うなら中華ラジオがおすすめ
携帯ラジオで買うべき1台は機能がないPL-380

■「ラジオおすすめ」おすすめ記事
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
ラジオ録音機能で選ぶおすすめの機種はこれだ
防災ラジオのおすすめは手回し充電のRF-TJ10

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事