ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

BCLラジオの定番がソニーのICF-SW7600GR

ソニーの「ICF-SW7600GR」はいわずと知れた、高性能BCLラジオの定番として名高い機種。発売から15年も経っていますが、その安定性は揺るぎないものがあります。そこで、近年の高級中華ラジオが目指している定番BCLラジオの性能を、いま一度詳しくチェックしていきましょう。



スポンサーリンク
BCLラジオの定番がソニーのICF-SW7600GR

BCLラジオの性能のべンチマーク

ICF-SW7600GRはBCLラジオの性能を示す際の「べンチマーク」。新機種が登場すると「短波の感度はSW7600GRには届かない」といった評価の軸に使われるほどです。

ソニーの製品でも、中国で製造されたラジオが増える一方で、ICF-SW7600GRは純粋な日本製(十和田オーディオ)のラジオとして製造が続けられています。ソニー製ラジオの「集大成」ともいえる完成度の高さを誇っているのです。

最近の機種と比較しても質感が高く、基本性能としての感度・明瞭度・音質がバランスよく整っています。シンプルなボタン操作と相まって、とても扱いやすいBCLラジオです。

BCLラジオの性能は今でも現役

さらに、遠距離受信に欠かせない同期検波やアッテネータといった本格的な機能も備えています。長波、中波、短波に対応した外部アンテナ端子も装備。短波用にはワイヤーアンテナを同梱しています。

BCLラジオとして海外にもユーザーが多く、世界各地に輸出されています。実勢価格22,000円というのは北米向けの製品を逆輸人したもので、AC電源アダプターが付属していないモデル。Amazonで入手できます。

ICF-SW7600GRはDSPを搭載していないPLLシンセサイザー機です。2001年発売なので、DSPで設計された新型機とは技術的な違いはありますが、電波を受信して音声化するBCLラジオとしての性能は今でも現役です。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

■「BCLラジオ」おすすめ記事
BCLラジオにも中華ラジオの波が押し寄せている
台湾発BCLラジオは表示と音声にこだわりアリ
中華BCLラジオ旋風を起こした「愛好者」後継機
TECSUNのBCLラジオはソニーと肩を並べる性能

■「ソニーのラジオ」おすすめ記事
FM補完放送対応のクロックラジオ「ICF-C1」
AMラジオの受信感度で選ぶなら「ICZ-R250TV」
NHKラジオ英会話の録音・再生が便利なICZ-R51
ソニーのラジオ新定番「ICF-M780N」は感度良好
ラジオおすすめの1台はソニーのICF-M780N
FM補完放送に対応したソニーのラジオ5機種

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事