ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

BCLラジオのおすすめはソニーを超えたPL-880

1万円を超える高性能な中国製BCLラジオの新機種がSANGEANの「ATS-405」、DEGENの「DE1103-DSP」、TECSUNの「PL-880」です。そこに、定番の高性能BCLラジオとして名高いソニーの「ICF-SW7600GR」を加えて、その性能を比較してみました。その結果、PL-880に1位になったのです。



スポンサーリンク
BCLラジオのおすすめはソニーを超えたPL-880

BCLラジオの受信感度チェック

受信感度チェックは、内蔵バーアンテナとロッドアンテナで行いました。どのBCLラジオもメーカーの上位モデルだけあり、レベルが非常に高く熾烈な争いに…。4機種とも基本性能である感度や選択度に、大きな差はみられません。

しかし、音質などに差が出ました。まずはAMラジオ放送から。ATS-405は低音が弱めなのですが、ノイズレベルが低くて1番聞きやすい音でした。DEGENのDE1103-DSPはソフトミュート機能が効いているせいか、ノイズレベル近くまで信号が弱くなると、急に音量が下がって了解度が落ちます。

TECSUNのPL-880は低音も強めで音質はいいのですが、ノイズを1番拾いやすく感じます。ソニーのICF-SW7600GRは同期検波をオンにした場合、信号強度が落ちるとロックが外れてしまい、聞きづらくなる場面に遭遇しています。

短波放送は、PL-880とICF-SW7600GRが一枚上手の感じ。ATS-405は感度が少し下がるようです。DE1103-DSPはノイズが多少目立ち、隣接周波数に強力な局が居座っている場合、音声が聞き取りにくくなります。

BCLラジオのベストバイ1位は?

FMラジオ放送はATS-405だけ、感度が少し低いと感じました。ロッドアンテナの長さが影響していると思われます。感度などほぼ互角なので、音質、操作性の違い、質感、ディスプレイの見やすさなど、総合的な評価で決定しました。

盤石かつ1番無難なチョイスであれば、ICF-SW7600GRに軍配が上がります。ただし、古い機種なのでディスプレイが見にくいなど、実用面においては、最近のBCLラジオには及びません。

そこで浮上してきたのがPL-880。多機能でディスプレイの視認性も高く、そのスキのない作りはBCLラジオのベストバイ。DSPの進化を重ねた中華ラジオがソニーの背中を捕らえ、そしてついに超えたのです。

2位はATS-405。外部アンテナ端子、SSB受信、同期検波などの機能があればベストバイの力はあります。3位はICF-SW7600GRで、DE1103-DSPが4位です。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

■「BCLラジオ」おすすめ記事
BCLラジオの定番がソニーのICF-SW7600GR
BCLラジオにも中華ラジオの波が押し寄せている
台湾発BCLラジオは表示と音声にこだわりアリ
中華BCLラジオ旋風を起こした「愛好者」後継機
TECSUNのBCLラジオはソニーと肩を並べる性能

■「中華ラジオ」おすすめ記事
中華ラジオATS-909Xの感度はソニー高級機並み
ラジオ録音に電子ブックも搭載した中華ラジオ
携帯ラジオを買うなら中華ラジオがおすすめ
ソニーのラジオを超えたTECSUN「PL-880」

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事