ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ソニーのヘッドマウントディスプレイの使用感!

第2世代と比べて大きく進化したソニーのヘッドマウントディスプレイ“Personal 3D Viewer”「HMZ-T3W」。その使用感は「見た」ではなく「体験した」といいたくなるほどの臨場感です。気になるヘッドマウントディスプレイの詳細を見ていきましょう。



スポンサーリンク
ソニーのヘッドマウントディスプレイの使用感

ヘッドマウントディスプレイの3代目

SF作品などで見かけるヘッドマウントディスプレイも、ソニーの手にかかれば実用品に。約20m先に750インチという巨大な仮想スクリーンを再現でき、左右で映し出す映像を微妙にずらすことで、3D映像にも対応します。

ソニーのヘッドマウントディスプレイ“Personal 3D Viewer”の3代目となる「HMZ-T3W」では、ヘッドバンドの調節範囲が拡大。このため、スムーズな装着ができるようになりました。

最大のポイントは、プロセッサーユニットとバッテリーユニット間をワイヤレスで接続できるようになったこと。スマホやタブレットなどのモバイル機器からの再生も可能なので、場所にとらわれずにより自由な視聴が可能です。

装着感が大幅に改善されている

さらに、大きくなったヘッドパッドは前後に4段階、高さは5段階に調節が可能。これによって装着感は大幅に改善され、レンズのズレも軽減されます。

美しい黒の表示の実現に加え、わずかな色の違いも繊細に描き分けるトリルミナスディスプレイを採用。これにより映像を高いコントラストで、色彩豊かに映し出せるようになっています。

また、このヘッドマウントディスプレイでは奥行き感を出すためにわざと映像を歪ませて表示。これにより、映画館のスクリーン空間を味わえるのです。この情報は『ラジオライフ』2014年8月号に掲載されていました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事