ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

のぞみの自由席に座るなら2号車を狙うのが鉄則

のぞみの自由席は車両によって座席数が違っています。座れる確率を上げるなら、座席数の多い車両に並ぶのが正しい選択。そこで、のぞみの自由席に座るなら2号車を狙いましょう。1号車は運転室があって座席数が少ないのはわかりますが、じつは3号車もトイレや洗面所があるため座席数が少ないのです。


スポンサーリンク
のぞみの自由席に座るなら2号車を狙うのが鉄則

のぞみの自由席は座席数が違う

新幹線「のぞみ」を指定席で購入すると、どうしても出発時間に縛られてしまいます。予定が早く終わったり、逆に出発時間を過ぎてしまったりすると、わざわざ変更するなどの手続きが面倒です。そんなときは自由席を活用しましょう。

とはいえ、車両数が少ないために競争が激しいのが、のぞみの自由席。すでに並んでいる列ができていると、どこに並んでよいか迷うところでしょう。そんなとき、のぞみの自由席は2号車を狙います。

新幹線「のぞみ」の自由席は1~3号車、「ひかり」は1~5号車です。新幹線の車両は同じ座席数と思いがちですが、実は座席数が大きく違っています。座席数が多い車両に並んだほうが座れる確率は上がるでしょう。

のぞみの自由席に座るなら2号車

たしかに1号車には運転室があるため座席数が少ないのは想像がつくはず。しかし、それ以外の奇数号車にもトイレや洗面所などが設置されるため、座席数が少なくなっているのです。

実際、N700系の座席数を見てみると、1号車は65席、2号車は100席、3号車は85席となっています。ちなみに、4号車は100席ですが、5号車は90席。偶数車両のほうが座席数が多いのでした。

このため、のぞみは1~3号車が自由席なので、座るなら2号車を狙うのが鉄則。1~5号車が自由席のひかりなら、2号車か4号車を狙いましょう。新幹線の自由席車両に乗車する際は、座席数の多い偶数号車の乗降口に並ぶのが正解です。

■「新幹線」おすすめ記事
新幹線はパックツアーでホテル代がタダになる
新幹線に安く乗る!特定特急料金をフル活用
新幹線こだまなら東京~新大阪がほぼ1万円
京都までの新幹線が5千円以上も安くなる方法
青春18きっぷの使い方が北陸新幹線で難易度UP
週末パスなら新幹線で現地入り&ローカル線攻略
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
東海道新幹線の料金が金券ショップより安くなる
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事