ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

満員電車で座るためにあえて混む車両を狙う理由

ストレスのかかる通勤電車を快適に乗りこなす3つの方法を紹介しましょう。まずは長椅子の通勤電車の始発駅で並ぶときの順番の目安。3列乗車なら4番目までに並ぶことがポイントです。また、満員電車で座るためにはあえて混む車両を狙うのも手。回転率が高い可能性があるからです。


スポンサーリンク
満員電車で座るためにあえて混む車両を狙う理由

満員電車で座るための車両選び

始発駅で乗客が3列に並んでいるとしましょう。7人掛けの長椅子が左右に向かいあって配置された車両の場合、左側の14席は左側のドアに並んだ乗客と、右側の14席は右側のドアに並んだ乗客と争うことになります。

ということは、列の4番目(計12名)までに並べば、左右に6名ずつが分かれて座れる可能性大ということ。もちろん、人の流れをしっかり読んであぶれないようにする必要があります。

満員電車で座るためには車両選びが大切です。空席があるくらいすいた列車なら、当然、空席のある車両に乗ったほうがよいでしょう。ただし、どの車両も空席がないくらいの混雑状況のときは、あえて混んだ車両を狙うのも手です。

満員電車で座るには制服の見極め

満員電車の場合は混んでいる車両のほうが、回転率が高い可能性もあります。混んでいるといういことは主要駅の乗りかえ口や出口に近い車両ということ。こういう車両は乗換駅などに着くと、乗客がどっと降り、席があく場合も多いのです。

満員電車で座るには、制服を見極める目も必要になります。通勤電車には、当然ながら学生も多く乗っているもの。その制服から学校を特定できれば、どこで降りるかが判断できるからです。

中年男性が女子中高生をジロジロ見るのは、はっきり言ってかなり危険な行為ではあります。しかし、一度降りる駅を覚えてしまえば大丈夫なので、なるべく早く学校を特定するようにしましょう。

■「満員電車」おすすめ記事
満員電車に乗るなら進行方向の車輪の上が安全

■「座席」おすすめ記事
新幹線自由席は偶数号車に並べば座れる確率アップ
新幹線の座席はB席のシート幅が2cm広かった

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事