ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

通勤電車で座るにはあえて混んでいる車両に乗る

毎日の通勤電車はできることなら座りたいもの。座れるか座れないかで通勤電車のストレスは大きく変わります。そこで、通勤電車を快適に乗りこなすために、座る確率を上げる方法を紹介しましょう。じつは通勤電車はあえて混んでいる車両に乗ることで、座れる可能性がアップすることもあるのです。


スポンサーリンク
通勤電車で座るにはあえて混んでいる車両に乗る

通勤電車で混んでいる車両に乗る

まずは、通勤電車は「4番目までに並ぶ」のが鉄則です。例えば、始発駅で乗客がホームに3列に並んでいるとします。7人掛けの長椅子が左右に向かいあって配置された車両で考えてみましょう。

左側の14席は左側のドアに並んだ乗客と、右側の14席は右側のドアに並んだ乗客と争うことになります。ということは、列の4番目(計12名)までに並べば、左右に6名ずつが分かれるため座れる可能性が高いのです。

通勤電車では「あえて混んでいる車両に乗る」のも手です。空席があるくらい空いているなら当然、空席のある車両に乗ったほうがよいでしょう。しかし、通勤電車の場合は混んでいる車両のほうが、回転率が高い可能性もあります。

通勤電車で制服を見極めて座る

通勤電車で混んでいる車両は、主要駅の乗りかえ口や出口に近い車両である可能性が大。こういう車両は乗換駅などに着くと、乗客がどっと降りて席があく場合も多いわけです。

通勤電車では「制服を見極める」ことも大切。通勤電車には、当然ながら学生も多く乗っています。その制服から学校を特定できれば、どこで降りるかが判断できるというわけです。

一度降りる駅を覚えてしまえば大丈夫なので、なるべく早く学校を特定。その駅で大量の学生が降りることを想定して、車両や立ち位置を考えておけば、通勤電車で座る確率がアップするというわけです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事