ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

青春18きっぷの使い方は第3セクター攻略がカギ

乗り鉄たちが利用している「青春18きっぷ」。しかし、近年では新幹線の新規開業に伴い、並行在来線の第3セクター化が相次ぎ、青春18きっぷでは乗れない区間が延伸しています。これらの“鬼門”をマスターしたうえで、青春18きっぷは攻略しなければならないのです。



スポンサーリンク
青春18きっぷの使い方は第3セクター攻略がカギ

青春18きっぷで通過利用できる

青春18きっぷはJR全線が1日当たり2,370円で、普通列車が5日間乗り放題のお得なキップ。1人で5日間、5人同時に1日など、自由に使うことができるのが魅力です。

それだけに、こうした青春18きっぷで乗車できない“鬼門”をマスターしないと、余計な出費を強いられます。他のフリーキップと青春18きっぷを組み合わせたプランニングが必要です。

東北新幹線の延伸により、東北本線が第3セクター化した青い森鉄道。ただし、八戸~青森間という大半の区間を青春18きっぷで通過利用できるので、1日乗車券を使うメリットはありません。

青春18きっぷの提示で820円引き

岩手県内の東北本線を引き継いだIGRいわて銀河鉄道は、残念ながら乗り鉄向けの1日乗車券がないので、盛岡~目時駅間の運賃2,360円を支払います。ちなみに盛岡~好摩駅間の運賃650円を支払って好摩駅から花輪線に接続するのは列車本数が激減しますので、余裕を持ったプランニングが必要です。

南に飛んで、九州の肥薩おれんじ鉄道。九州新幹線の開業によって第3セクター化しています。「1日フリー乗車券」があるので、これを活用しますが裏ワザがあります。

青春18きっぷを提示すると、通常料金の2,880円から820円引きの2,060円で、全線乗り降り自由の「おれんじ18フリーきっぷ」を購入できるのです。この情報は『ラジオライフ』2015年6月号に掲載されていました。(文/鼠入昌史)

■「青春18きっぷ」おすすめ記事
青春18きっぷの使い方が北陸新幹線で難易度UP
青春18きっぷ以外にもあるJRのお得な切符
北海道&東日本パスは青春18きっぷよりお得
秋の乗り放題パスは青春18の3日間バージョン
青春18きっぷで新幹線をあえて使うワープ技とは
青春18きっぷで私鉄車両に乗る乗り鉄テクニック

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事