ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

Suicaポイントで何度もトクする活用テクニック

2001年にJR東日本が導入した交通系電子マネー「Suica」。お金をチャージすれば、イチイチキップを買うことなく、タッチ&ゴー!で改札を通れる優れもので、すっかり定着しました。そんなSuicaにポイントがあるのをご存じですか? Suicaポイントで何度もトクする活用法を紹介します。



スポンサーリンク
Suicaポイントで何度もトクする活用テクニック

Suicaポイントクラブに加入する

じつはSuicaにはさまざまなサービスがあり、それらを活用することで何倍もトクできるのです。なかでも、Suicaポイントで何度もトクする使い方を紹介しましょう。

Suicaポイントが貯められるのは、クレジットカード機能を搭載したタイプだけ…ではありません。Suicaポイントクラブに加入すれば、ノーマルタイプのSuicaカードやモバイルSuicaでもポイントが付与されるのです。

KIOSKやNEWDAYSなら200円で1ポイント、ecuteなら100円で1ポイントがGETできます。また、Suicaポイントはキャンペーンを頻繁に行っている点も注目です。NEWDAYSで毎週金曜日にポイント5倍のキャンペーンを行っています。

Suicaポイントはいろいろな使い道

「えきねっと」https://www.eki-net.com/とは、全国の新幹線のきっぷを購入できるネットサービス。キップの購入だけでなく、ポイントモールを経由して、提携先のヤマダ電機やソフマップなどで買い物をすると、0.5~3%のえきねっとポイントがもらえます。

このえきねっとポイントはSuicaポイントに変換可能。駅のコンビニなど、貯められる場所が限られたSuicaポイントでも、えきねっとを利用すれば効率よく収集できます。さらに、ビューカードで買い物をすれば、ビューサンクスポイントが0.5%還元され、二重取りもできちゃいますよ!

貯まったSuicaポイントはいろいろな使い道があります。基本はSuicaの電子マネーにチャージするか、提携ポイントに変換するかのどちらか。提携ポイントはTポイント、WAONポイントの2つあり、100Suicaポイントを、85Tポイントまたは90WAONポイントに変換して利用できます。

逆に、他のポイントからSuicaポイントに変換することも可能。例えば、ANAマイル。「有効期限内に目標のマイルを貯められなさそう…」という時は、Suicaポイントに変換すればOKです。この情報は『ラジオライフ別冊』に掲載されていました。

■「Suica」おすすめ記事
iPhoneにSuicaを内蔵する改造サービスがある
スイカの履歴を読み取る方法とその防衛策とは?
私書箱はSuicaがあれば東京駅に作ることが可能

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事