ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

GIMPは使い方次第!傾きを直して余白をカット

数少ない運行スケジュールからベストショットを撮らなければならない鉄道写真には、無料の画像編集ソフトGIMPは必携ツールです。そこで、鉄道写真の傾きを直して、写真の余計な部分をカットする手順を見ていきましょう。基本的なGIMPの使い方をマスターしておいて損はありません。



スポンサーリンク
GIMPは使い方次第!傾きを直して余白をカット

GIMPの角度調整機能の使い方

鉄道写真が傾いてしまうのは、撮り鉄ビギナーによくある失敗例。GIMPの使い方には角度調整機能があるので、写真を適切な角度に修正できます。

傾きを直すGIMPの使い方は「レイヤー」→「変形」→「任意の回転」を選択。すると回転調整用のウインドウが表示されます。ここで車両が平行になるように調整するのです。

傾きが修復されると、そのぶん角度調整で四隅に空白ができてしまいます。トリミングでカットして空白を埋めておきましょう。

トリミングするときのGIMPの使い方

鉄道写真の傾き修正後、余白、車両の遠近、前面の不要物などを取り除きたい時はトリミングで調整します。こののGIMPの使い方をマスターすれば、より美しい写真に仕上げられます。

トリミングするときのGIMPの使い方は、まずツールボックス左上の短形選択を指定しドラッグ&ドロップで範囲を定めます。そして「画像」→「選択範囲」で切り抜きを選択すると、指定範囲以外の部分が切り抜かれます。

フレーム全体に対して対象物の割合が少ないほど、トリミングは容易にできるでしょう。この情報は『ラジオライフ』2015年10月号に掲載されていました。

■「GIMP使い方」おすすめ記事
GIMPの使い方は6つの補正機能が基本中の基本
GIMPの使い方は大量のフィルター追加からが基本
GIMPで写真を合成しておもしろ画像を作成する
GIMPの鉄道写真が美しく仕上がる使い方とは?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事