ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

満員電車に乗るなら進行方向の車輪の上が安全

満員電車で追突事故が発生すると、後方では圧死する危険性があります。また、車両で最も頑丈なのは車輪部分。このため、満員電車に乗るなら進行方向の車輪の上あたりが安全です。満員電車に乗るときの車両の選び方と、車両の中の立ち位置について詳しく見ていきましょう。



スポンサーリンク
満員電車に乗るなら進行方向の車輪の上が安全

満員電車はどの位置が安全?

電車に乗るなら5~6両目のモハ車両に乗るのが基本です。モハ車両はモーターがついている車両なので揺れに強い構造。そして、先頭車両から4両目くらいまでは脱線のリスクが高いからです。

とはいえ、乗車率300%を超える都心部での朝の通勤電車。急ブレーキでも最悪の場合、圧死や転倒を引き起こしてしまいます。

満員電車などに乗る場合は、どの位置に乗車するのが最も安全なのでしょうか? まず車両で最も頑丈なのは連結部から2~3mにある車輪の上です。

満員電車は前方の車輪の上

なかでも、前後2か所にある車輪の中で、進行方向に向かって前方の車輪上辺りが1番安全でしょう。後方は急停車時に、前の乗客が倒れてきて圧死することが考えられます。

また、入り口付近は金属製の手すりやひじ掛けに押されて圧死するケースが多いので避けた方がベター。つまり満員電車は、車輪の上が最も安定性が高く、進行方向に向かって前方の位置が圧死も防げて安全です。

その意味では満員電車に乗るときは、5~6両目のパンタグラフが付いたモハ車両。その中でも進行方向に向かった前方の位置に乗るのがよいでしょう。この情報は『ラジオライフ』2016年4月号に掲載されていました。

■「事故」おすすめ記事
無事故・無違反のSDカードには特典があった!!
事故車を避けるための見極めポイントは4つある
飛行機墜落事故では後方座席が最も安全だった
電車事故を避けるなら5~6両目のモハに乗る
大型バスに乗るなら中央通路側が最も安全だった
飛行機の座席はどこに座るのが一番安全なのか?
フェリー事故はいかに速やかに最上部に上がるか

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。