ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

よっちゃんイカの新商品の当たりを見分ける方法

“よっちゃんイカ”の愛称で親しまれている駄菓子「カットよっちゃん」に、「からくちあじ」が登場しました。よっちゃんイカは8個に1つは当たりが入っている高当選率のくじ付き。そこで、よっちゃんイカの新商品の当たりを見分ける方法を調べてみました。


スポンサーリンク
よっちゃんイカの新商品の当たりを見分ける方法

よっちゃんイカの当たりの判別方法

よっちゃんイカは、これまで何度か元祖の三杯酢味の当たりの判別方法を攻略してきました。はたして、新商品のからくちあじはどこを見れば当たりを判別できるのでしょうか?

その答えは、三杯酢味と同じ賞味期限の数値の印刷です。当たりとはずれで印刷ミスの箇所が違います。当たりは英文字「H」に、はずれは数字の「1」に印刷ミスのような線が入っています。

このように、当たりとはずれで印刷ミスの位置が違うということは、別々のラインで袋を印刷しているということ。よっちゃんイカの新製品にも特別な対策は施されていないようです。

よっちゃんイカにライトを照射する

ちなみに元祖の三杯酢味の場合は、賞味期限スタンプの数字がくっ付いているかどうかで判別できました。店頭にあるよっちゃんイカのなかで、賞味期限スタンプの印刷で仲間はずれを探せば当たりが見つかるでしょう。

また、よっちゃんイカは当たりの判別については、伝統的に寛容であることで知られています。元祖のよっちゃんイカは黒地に「くじつき」と書かれた部分をスマホのライトで照らすと「あたり」の文字が見えてしまいました。

そこで、よっちゃんイカの新製品でも同じように、スマホのライトを裏側から、くじの位置に照射してみます。すると、やはり「あたり」の文字が透けて見えてしまいました。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事