ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

チョコボールの当たりに存在するダミーとは?

長年愛されている森永製菓の「チョコボール」。チョコボールは当たりである金のエンゼルは1枚、銀のエンゼルは5枚で景品「おもちゃのカンヅメ」に交換できます。チョコボールの当たりは印刷の微妙なズレで見分けることが可能です。ただし、当たりのダミーが存在することを忘れてはいけません。


スポンサーリンク
チョコボールの当たりに存在するダミーとは?

チョコボールは仲間外れを探す

チョコボールをはじめとしたお菓子の当たりを攻略するテクニックは、同一の製造ラインで作られたもの同士でグループ分けし、そのグループ同士の特徴を比較することです。

当たりとはずれはそれぞれ別の生産ラインで作られているため、完全に外見が同じものを作るのは物理的に不可能。つまり、理論的にはパッケージの印刷や折り目の位置が、当たりとはずれでわずかに違ってくるはずなのです。

あとは、それぞれのグループを開封し、どのグループが当たりなのかを調べていきます。当たりは必ず全体から見ると数が少ない少数派。チョコボールは仲間外れを探していくことで、当たりを特定することが可能となるのです。

チョコボールにはダミーが封入

チョコボールの当たりは1ケース(20個入り)の中に約1個。0個の場合もあれば複数個の場合もあります。ただし、ここで注意しなければならないのがダミーの存在です。

ダミーとは、メーカー側が当たり対策として意図的に封入してくる、当たりと同じ差異を持つ少数のはずれのこと。他の多数のはずれと違いがあるため、当たりと誤認しやすいのです。

すなわち、チョコボールの当たりを見分けるには、単にグループ分けして仲間外れを見つけるだけではダメ。ダミーが存在することを認識したうえで、仲間外れを探していかなければならないのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事