ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

裏アカウントを発見する情報収集テクニックとは

ツイッターなどのSNSは匿名性が高く、多くのユーザーが本アカウントとは別の裏アカウントを取得して、密かに本音をつぶやいているようです。また、昔ながらのブログも裏アカウントで開設して、他人の悪口を書き殴っているケースもあります。SNSやブログの裏アカウントを発見する情報収集テクニックを見ていきましょう。


裏アカウントを発見する情報収集テクニックとは

裏アカウントをGoogle検索で発見する

ネット上のあらゆる情報を収集しているのが「Google」です。裏アカウントを発見するには、まずは知っている情報でGoogle検索してみるのが基本中の基本です。ターゲットの名前を検索するだけで個人情報が見つかることも少なくありません。

Googleで裏アカウントを発見するには、ターゲットの名前だけで検索してもよいですが、勤務先や学校名などを加えて「名前+勤務先」などでAND検索した方が精度が高まります。本名でSNSを利用しているなら、一発でアカウントがヒットするはずです。

また、メールアドレスやSNSアカウントを知っているなら、これらで検索するのも有効です。本名を隠してこっそり利用しているSNSやブログの裏アカウントが見つかることがあります。

裏アカウントはSNSアカウントで検索

メールアドレスでGoogle検索すると、そのアドレスが記載されているページがヒットします。同じ人物のSNSアカウントやブログを探すのに有効でしょう。

裏アカウントを発見するのに、SNSアカウントでGoogle検索するのも手。同じ英数字のIDを各アカウントに使い回ししているケースは多いもの。LINE・ツイッター・インスタグラムなどで使用しているIDを1つでも知っているなら、Google検索してみましょう。

例えば、LINEと同じIDで登録しているSNSがある場合、Googleの検索結果に同じIDのツイッターやインスタグラムが表示されるというわけ。ここから裏アカウントが見つかるかもしれません。

このほか「@gmail.com」などのドメイン名と、名前やSNSのIDをAND検索することで、裏アカウントを発見できることがあります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。