ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スマホが盗聴器になるアプリはVOX機能がカギ

使い方次第では盗聴器にもなってしまうのが寝言録音アプリです。音がした時のみ録音されるVOX機能付きであれば、室内音がするときだけ録音することが可能。使わなくなったスマホが簡易盗聴器になってしまいます。使う機材はスマホだけなので、無造作に机や棚に置いてあっても違和感がありません。


スポンサーリンク
スマホが盗聴器になるアプリはVOX機能がカギ

スマホがVOX機能付き盗聴器になる

「Sleep Talk Recorder」は自分の寝言を録音するために作られた無料アプリ。パートナーのうるさいいびきや寝言を録音して本人に聞かせるために使われたりと、もともと盗聴器のような使い方もされています。

しかも、音がした時のみ録音される仕組みになっているため、スマホがVOX機能付き盗聴器のように使えるというわけ。不要なスマホを利用すれば、不在時の室内の様子を録音するなど簡易盗聴器として使えます。

利用方法は録音の感度を調整して「有効にする」をタップ。これで録音が始まるので、あとは目立ちにくい場所にスマホをセットすればOKです。録音データはWAV形式でPCに送って残せます。

スマホで自動録音された音声を確認

具体的な設定方法は、最初に録音設定を開いて「フィルター」のチェックを外してください。また、環境に合わせて感度も調整します。画面下の「有効にする」をタップして録音開始です。

録音が終わったら「無効にする」をタップします。スマホで自動録音された音声を確認するには、再生ボタンをタップして録音データを選択。プレーヤーが開くので、録音された音声を確認しましょう。

残しておきたい音声データは、シェアボタンからメールやクラウドストレージに送ることが可能。もし、うまく音が録音されていないようなら感度を高めに設定してみましょう。

■「スマホ」おすすめ記事
スマホの遠隔操作アプリはどこまで監視できる?
スマホ乗っ取りに使われる最新の手口とは?
AbemaTVの録画をスマホでするなら「Mobizen」
「ケルベロス」アプリでスマホを遠隔操作!
追跡アプリ「ケルベロス」をチェックする方法
iPhone隠しコマンド10選!あくまで自己責任で
iPhoneを自動録音アプリで盗聴器にする方法
LINEを既読つけないで読む方法…の落とし穴
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事