ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

盗聴・盗撮・GPS発信機を探知する万能発見器とは

盗聴器が発する電波をキャッチしてその存在を知らせる「盗聴発見器」はよく知られた存在。一般家庭に仕掛けられた盗聴器を見つけ出すテレビ番組などで目にした人も多いでしょう。そんななか、盗聴器だけでなく盗撮カメラやGPS発信機すべてをキャッチする万能発見器が登場しました。


盗聴・盗撮・GPS発信機を探知する万能発見器とは

盗聴器や盗撮カメラの万能発見器

アーカムの「ARK-PR-T9000」は、盗聴器が発する電波、盗撮カメラのレンズ、GPS発信機などをクルマに固定するための磁石を1台で発見できる万能発見器です。盗聴器などに本体が近づくと、警告音やバイブレーションで知らせてくれます。

「電波モード」「光学式レンズモード」「磁力検知モード」が搭載されており、本体前面のボタンで切り替える仕組み。電波検知モードでは、Wi-Fi電波なども検知するので、感度を調節しながら使うのがコツです。

「光学式レンズモード」では、発見器本体から赤外線LEDを投光して、盗撮カメラのレンズに反射させる仕組み。室内に仕掛けられた盗撮カメラをあぶり出すことができるというわけです。

盗聴器に近づくと発見器の警告音

磁力検知モードでは、GPS発信機を固定するネオジム磁石に反応します。LEDライトが光り、鳴動する仕組み。クルマに固定するための磁石からGPS発信機などを発見できるというわけです。

実際に、電波検知モードで399.455MHzの盗聴波を検知してみたところ、盗聴器に近づくと発見器の警告音がしっかり鳴動しました。

対応検知周波数は1~8000MHzで、稼働時間は8~12時間です。電源は1,200mAhリチウム充電池。サイズ/重さは62W×138H×28Dmm/167gとなっています。実勢価格は19,800円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事