ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

街中の盗聴器の電波を発見する最も効果的な方法

「盗聴発見機能」を搭載した受信機が販売されていますが、どうやって盗聴波を探し出すのでしょうか。具体的には、過去に電波式の盗聴器に使われたことのある周波数を受信したら盗聴器に信号音を拾わせて、ハウリング音で設置場所を特定します。受信機の盗聴発見機能を詳しく見ていきましょう。


街中の盗聴器の電波を発見する最も効果的な方法

盗聴発見機能が搭載されている受信機

受信機を購入する目的の1つに「盗聴器」を探すためというケースがあります。そのニーズに応えているメーカーが、アルインコと八重洲無線です。

両メーカーの受信機には「盗聴発見機能」が搭載されています。これは自宅や会社など、室内に仕掛けられた盗聴器を自分で探し出す機能です。

メーカーが登録(プリセット)した、盗聴波として使われた実績のある周波数をチェックして、室内に盗聴波が飛んでいないかを調べます。登録された周波数と一致したら、室内に盗聴器が仕掛けられている可能性があるということです。

盗聴発見機能を使って場所を特定する

盗聴波を受信できたら、次は盗聴発見機能を使って盗聴器の場所を特定していくステップ。受信機が発した信号音を盗聴器に拾わせ、そのハウリング音の大小から盗聴器が仕掛けられている場所を特定するのです。

また、盗聴器を探していることを盗聴器を仕掛けた人間に聞かれないように、ハウリング音を使わずに電波の強弱を表示して設置場所を探し出す機能も搭載しています。

室内用なので受信マニアが実践する、街中の盗聴波を発見する機能ではありません。街中の盗聴波を探す方法としては、盗聴波に多用されるUHF帯の3波(398.605/399.030/399.455MHz)をスキャンするのが最も効果的です。

■「盗聴器の見つけ方」おすすめ記事
盗聴器の見つけ方がわかるセルフチェックの手順
盗聴器の見つけ方!大型トラックで場所を特定

■「盗聴器発見」おすすめ記事
盗聴器の発見方法はハンディ受信機のスキャン
盗聴器発見器を使うならまず部屋に音楽を流す
業者向けに作られた「盗聴器発見アプリ」の実力

■「盗聴器調査」おすすめ記事
盗聴器の調査は「117」の時報を流すと一石二鳥

■「盗聴器アプリ」おすすめ記事
盗聴はアプリをスマホに入れればできる時代
盗聴器はスマホに自動応答アプリを入れるだけ
盗聴器から漏れてくる音声はどんな内容が多い?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事