ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

網戸の位置を変えるだけで可能な空き巣対策とは

空き巣の侵入経路で最も多いのが「窓」からの侵入です。一戸建て住宅を狙った空き巣の58%が窓からの侵入。3階建て以下のマンションを狙った空き巣でも56%を占めています。3階程度なら、壁や雨どいを伝って侵入すことは空き巣にとっては朝飯前です。そこで、網戸の位置を変えるだけで可能な空き巣対策を見ていきます。


網戸の位置を変えるだけで可能な空き巣対策とは

空き巣対策に有効な防犯砂利の音

空き巣の苦手なものといえば「目・光・音」です。このため、空き巣がターゲット宅を定める時は、人の目や防犯カメラが無いか、街灯や防犯ライトは無いか、警報が鳴らないかなどを下見しています。

音については、熟練した空き巣は物音をほとんど立てず室内に侵入可能。例えば、クルマが通過した時のエンジン音に紛れてガラスを破るなど、周囲の環境をも味方にしてしまうのです。

だからこそ空き巣は、音を発生させて注目されるのを恐れています。単純ですが、防犯砂利は空き巣対策に有効です。防犯砂利は粒が大きく、踏むと擦れて大きな音が発生。最大80dBもの音になるタイプもあります。

空き巣対策に網戸をカギ側にセット

そして、空き巣の侵入口となるのが「窓」です。もっとも簡単な空き巣対策としては、網戸の位置をガラス戸のクレセント錠のある方にセットしておくこと。ガラス破りをするのはクレセント錠がある側の窓になります。

網戸がクレセント錠側にあると、空き巣はガラス破りの前に網戸を動かさなければなりません。網戸を動かす時に音が鳴るので、これだけでも泥棒は嫌がるというわけ。カギ側に網戸をセットするだけで空き巣対策になるのです。

窓からの侵入を防ぐには窓に格子を取り付けるなどの防犯対策がありますが、それだけではまだ手薄。後付けの格子は持参したドライバーで簡単に外せてしまいます。窓の格子のネジは、空き巣対策として瞬間接着剤などで潰してしまいましょう。これだけでも手間が増えるため空き巣は敬遠します。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事