ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察キャリアとノンキャリアで違う出世スピード

警察官がほかの公務員や民間人と異なる点に「階級」の存在が挙げられます。これは、自衛官や海上保安官、消防士も同じで、素早い判断と厳格な命令が求められる職種において、上下関係や責任の所在を明確にする必要があるからです。ただし、警察キャリアとノンキャリアでは出世スピードが違っています。


スポンサーリンク
警察キャリアとノンキャリアで違う出世スピード

キャリアとノンキャリアは試験が違う

日本の警察では警察法第62条により9階級に区分され、上から「警視総監」「警視監」「警視長」「警視正」「警視」「警部」「警部補」「巡査部長」、そして採用されたばかりの新人は「巡査」となります。

また、巡査と巡査部長の間に「巡査長」という階級もありますが、これは正式な階級ではありません。勤務成績が優秀で実務経験も豊富ながら、昇任が困難もしくは昇任試験を受けない巡査が任命される、一種の名誉階級です。

警察官には階級以外にも区分が存在します。それが「キャリア」と「ノンキャリア」と呼ばれるもの。この2つの区分は、警察官になるために受けた試験の違いで決まります。

すなわち、キャリアとは国家公務員総合職試験に合格した警察官を指し、身分は国家公務員。所属も警察庁となり、本部や所轄に派遣されるのは出向の形に近くなります。同じ国家公務員試験でも、一般職試験合格者は「準キャリア」と呼ばれ、これら以外の地方公務員採用者がノンキャリアです。

キャリアとノンキャリアは昇任が違う

キャリアとノンキャリアの大きな違いは昇任のスピード。キャリアは初任から警部補の階級が与えられて10年ほどで警視正となり、その後、警視監、警視総監、警察庁長官への道が開かれています。

一方、準キャリアは巡査部長からスタート、ノンキャリアは巡査からです。通常、昇任の限度は準キャリアで警視長、ノンキャリアは警視正といわれていますが、現実的にノンキャリアは警部補までが精一杯だといいます。

この若くして出世するキャリアと、現場でたたき上げたノンキャリアとの確執が、警察ドラマなどではおなじみとなっています。しかし、キャリアとノンキャリアの役割もまったくといっていいほど異なるのです。

キャリアは指導・監督者としてデスクワークが主となり、ノンキャリアは捜査や警備といった実務を担います。警察ドラマにあるようにキャリアが現場で率先して動くようなことは、現実的には職務の範囲外といえるのです。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事