ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

運転免許の取り消し「点数が引かれる」は間違い

交通違反をすると反則金や罰金を支払うほか、何となく運転免許の点数が引かれるイメージがあります。しかし、運転免許の停止や取り消しといった行政処分に関する点数は、減点ではなく加点されるシステムが採用されているのです。免許取り消しで「点数が引かれる」というのは間違いなのでした。


スポンサーリンク
運転免許の取り消し「点数が引かれる」は間違い

交通違反の点数は行政処分の制度

交通違反を犯した場合、基本的には刑事処分と行政処分を受けることになります。ただし、すべての交通違反で刑事処分を受けるわけではありません。軽微な交通違反であれば反則金を支払えば行政処分だけ受けることになります。

交通違反が軽微かどうかの分かれ目は違反キップの色。青キップなら反則金で済みますが、重大な交通違反には赤キップが切られ、罰金や懲役刑を受けることになるわけです。

もう一方の行政処分とは、免許停止や免許取消のこと。運転免許の点数は、行政処分を行うための制度になります。行政処分は、交通事故や交通違反を繰り返すドライバーは危険性が高いとして排除しようというシステム。交通事故を未然に防止しようというわけです。

交通違反の点数は減点でなく累積

よく「点数が引かれる」と表現される交通違反の点数は、減点ではなく実際には累積方式です。運転免許を取得した時はゼロで、交通違反に応じた点数が累積されます。この累積点数と3年以内の行政処分の前歴によって、免許停止や免許取消といった行政処分が下されるのです。

例えば、一般道で時速15km以上20km未満のスピード違反をした場合、軽微な交通違反となるため刑事処分でなく反則金12,000円を支払います。そして、行政処分のために運転免許の点数が1点累積するのです。

そして、3年以内に行政処分の前歴がない場合は、点数が6点累積すると免許停止。3年以内に前歴があると4点の累積で免許停止となってしまうのでした。

また、3年以内に前歴がない場合でも、累積点数が15点になると免許取り消し。免許停止の場合は、停止処分が過ぎてしまえばまた運転ができます。しかし、免許取り消しの場合は免許を再取得しなければなりません。

■「運転免許」おすすめ記事
運転免許証番号の数字から取得年と場所がわかる
運転免許証の12ケタの番号を意味を解読してみた
免許取り消し「点数が引かれる」間違いだった
免許の点数が交通違反で「減点される」は間違い

■「交通違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
路上駐車をしても取り締まれない場所は私有地?

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事