ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ネズミ捕りでパイロンが目印になる測定方式は?

スピード違反は、警察官自らが取り締まりを行う「有人式」が9割以上を占めています。有人式のスピード違反取り締まりの中でも気を付けたいのが「ネズミ捕り」です。都市部では光電式、地方ではレーダー式のネズミ捕りが多く行われます。そして、ネズミ捕りはレーダー式と光電式で対処法が異なるのでした。


スポンサーリンク
ネズミ捕りでパイロンが目印になる測定方式は?

ネズミ捕りのレーダー式と光電式

ネズミ捕りは基本的に「現認係・停止係・取り調べ係」の3班構成で行われます。現認係は、測定装置の背後の物陰に潜んでスタンバイ。設定したスピード以上のクルマを感知するとヘッドセットから「ピー」という音が聞こえます。

ネズミ捕りのレーダー式と光電式とは、現認係が行っているスピード測定の方式のこと。レーダー式はオービスでも採用されている電波による測定です。光電式は送受光器と反射器のセンサーユニットを使って測定します。

現認係はすぐさま対象車両のナンバーなどを、無線か有線で停止係に伝達。この情報を元に停止係が違反車両を選別して駐車スペースに誘導します。停止係はスピード違反の事実をドライバーに告げて、取り調べ係のところに行くように指示。取り調べ係は違反事実を認めさせて違反キップにサインをさせるという流れです。

光電式のネズミ捕りにはパイロン

一般的に、ネズミ捕りで地方に多いといわれるのがレーダー式。10.525GHzの電波を走っているクルマに当て、跳ね返る周波数の変化で速度を測定します。レーダー式の測定装置が置かれるのは現認係より5~10m手前。スピード測定地点はもっと手前になります。

このため、レーダー式のネズミ捕りはレーダー探知機に反応はしますが、その時にはすでにスピード測定された後ということ。気づいた時にはスピード測定は終了しています。対向車のパッシング、アプリやツイッターのネズミ捕り情報に気を付けるほかありません。

ネズミ捕りで都市部で多いのが光電式。3m間隔に置かれたセンサーユニット間をクルマが何秒で走るかで速度を算出します。設置されているのは現認係の真横あたりの道路上。バイクなどが接触しないように、よくパイロンが置かれています。

このため、光電式のネズミ捕りは現認係やパイロンを見つけてから速度を落としても、スピード違反せずに済む可能性が高いということ。また、測定スピードが異常に高い場合は、ピッチングの影響などの誤測定も考えらます。とはいえ、まずはネズミ捕りの対象にならないようにスピードの出し過ぎに注意することが大切です。

■「ネズミ捕り」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
スピード違反のネズミ捕りを察知する5つの方法

■「スピード違反」おすすめ記事
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事