ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

交通違反の累積点数がわかる「運転記録証明書」

交通違反の点数は違反の種類に応じて点数が決められていますが、その組み合わせは複雑。無免許運転のように一発で免許取消になる交通違反はともかく、点数の累積により免許取消や免許停止になるような場合については、過去の違反点数を知っておくことが大切です。まさかの時に役立つ「運転記録証明書」を見ていきます。


交通違反の累積点数がわかる「運転記録証明書」

運転記録証明書は5年を選ぶのがトク

交通違反の点数や免許停止の前歴は、1年間無事故無違反を続ければゼロに戻ります。しかし、1年たたずに違反を繰り返すとゼロに戻らず、3年分通算されてしまいます。例えば、10か月おきに駐車違反1回と29km/hオーバーのスピード違反を2回した場合、「2点+3点×2回=8点」となり30日の免許停止になるのです。

こうした事態を避けるためにも、今自分に交通違反の累積点数が何点溜まっているかを把握しておくことは重要。そこで活用したいのが、自動車安全センターが発行する「運転記録証明書」です。

運転記録証明書は、過去1・3・5年に自分がどのような交通違反をしてきたかが記録されているもの。申請用紙はゆうちょ銀行の振り込み用紙とセットになっていて、警察署や交番に置かれています。1・3・5年とも発行料と振込手数料をあわせて700円なので、よほどの事情がなければ5年を選ぶのがおトクです。

運転記録証明書で警察官の不正が発覚

自身の交通違反状況を把握するために重要な運転記録証明書ですが、警察官の不正に気づくきっかけになることもあります。

2018年3月、栃木県警の警察官が取り締まりとまったく無関係に、データベースから不正に入手した運転免許証情報を元にシートベルト着用義務違反の切符を切っていたことが発覚。退職に追い込まれる、という事件がありました。

栃木県警で発覚した事件については、シートベルト着用義務違反に罰金も反則金もないため「バレないだろう」ということから警察官が不正に切符を切ったとされていますが、ドライバー側が運転記録証明書を入手すればそうした不正に気づくこともできるというわけです。


運転記録証明書と使い道が違う証明書

また、運転記録証明書と似たような名前ですが、使い道が違うものもあります。そのうちのひとつ「運転経歴証明書」は、高齢や病気などで運転免許の更新をあきらめた人向けに身分証明書代わりに発行されるものです。有効期限は無期限で、呈示することでタクシー料金の割引などさまざまなサービスを受けることができます。

そして、もうひとつは「運転免許経歴証明書」で、どの運転免許を何年保持していたかを証明するものです。通常、運転免許の経歴情報は運転免許証自体に書かれているため必要ありませんが、運転免許取消になった後に大型免許や二種免許を再取得する際「○○免許取得後何年」という受験資格でこの証明書が必要になります。

例えば、運転免許取消後に大型免許を取り直す場合、運転免許経歴証明書があるとそこに過去の大型免許取得歴が書かれているため、普通一種免許の取得後すぐに大型免許の運転教習を受けることが可能になります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事