ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

スピード違反で裁判所の呼び出しになる速度は?

交通違反で交付されるのが違反キップです。スピード違反の場合、超過速度が時速30キロ未満(高速道では時速40キロ未満)だと青キップ、時速30キロ以上(高速道では時速40キロ以上)だと赤キップとなります。スピード違反で捕まった後に待っているものは、青キップと赤キップとで大きく違っているのでした。


スピード違反で裁判所の呼び出しになる速度は?

スピード違反で赤キップは交通裁判所

スピード違反が青キップの場合、一緒に交付される納付書で銀行や郵便局に「反則金」を払えば手続きは終了。金額は、超過速度によって法令で決まっています。

スピード違反が赤キップだった場合は、反則金の納付書が交付されません。後日(通常は赤キップを切られてから約20日後)、いわゆる交通裁判所に呼び出されます。とくに不服がなければ、略式の裁判により、すぐに「罰金」を払って終了です。

略式の裁判といっても法廷は開きません。待合室で待っているうちに呼ばれ、徴収の窓口で罰金を払うことになります。罰金の上限は10万円。具体的な金額は、主に車種と超過速度によって決まります。例えば、普通車で超過速度が時速30キロ台なら6~7万円。バイクはそれより1万円くらい低いというのが相場です。

スピード違反で正式な裁判となる場合

ただし、超過速度がすごく高いスピード違反の場合は、罰金では済みません。正式な裁判となって、被告人として法廷に立たされ、懲役刑(上限は6月)を求刑されることになるのです。

とはいっても通常は、執行猶予がつきます。「主文、被告人を懲役3月に処する。この裁判が確定した日から3年間、その刑の執行を猶予する」と判決がいい渡されるわけです。

ちなみに、執行猶予とは「3年経ったら刑務所行き」という意味ではありません。3年間、社会内で生活させ、新たに犯罪を犯さなければ、刑務所へは入れずに終わらせよう、という意味です。

スピード違反で正式な裁判になるのは、東京の首都高速の場合で超過速度が時速80キロ以上といわれています。一般道だと超過速度が時速70キロ以上のようです。地方によっては、超過速度が時速60キロ以上で正式な裁判になる可能性があります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事