ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

オービスのスピード違反「誤測定」と争った結果

警察によるスピード違反の取り締まりで、オービスは路上に設置されたカメラと赤外線ストロボで違反者を自動的に撮影する無人式。このため、オービスのスピード違反では「そんなに速度は出ていない。誤測定だ」と争うケースがあります。裁判でオービスの測定値の信用性を立証する方法を見ていきましょう。


オービスのスピード違反「誤測定」と争った結果

オービス裁判はメーカー社員が証人

オービスによるスピード違反の取り締まりを「誤測定」と争う裁判は、どのケースでも展開が決まっています。オービスのメーカーの社員を証人として呼び出して証言させるのです。そして、その説明内容もほぼ変わりありません。

メーカーの社員は「測定の誤差はございます。誤差の範囲は±2.5%。そこで、生のデータに0.975を掛けたものを測定値とし、かつ、小数点以下を切り捨てます」と証言します。

わかりやすく説明すると、±2.5%の誤差がプラス側に出た場合を想定して、元の測定値に0.975を掛けた数値を測定値に採用。そうすることで、もし誤差が出ても実際のスピードよりも数値が高くなることはないという論理です。

しかも、小数点以下を切り捨てているので、最大で1km/h低く表示されるということ。このように、オービスの測定値はプラス誤差が絶対に出ないと説明するのです。

オービス測定値は正確だったと証言

そして、必ずこうも付け加えます。「測定が終わると同時にタイマーを作動させ、測定地点(測定終了から数m先)へ車両が到達した時にカメラがシャッターを切ります。測定地点には印(小さな白線)があり、車両の先端がそこへ差しかかった時に撮影します」というのです。

このタイマーの説明は、実際の速度がオービスの測定値より遅ければ、撮影地点より手前で撮影されるはずという前振り。しかし「本件の写真はちょうど撮影地点で撮影されておりますので、測定値は正確だったといえます」と証言するわけです。

そんな証言を、裁判官はニコニコと肯いて聞くだけ。判決は有罪です。しかし、タイマーを作動させる測定値と、写真に焼き付けられる測定値が同じなのか、その点が検証がされたことはありません。オービスによるスピード違反を誤測定と争う裁判はそんなレベルなのです。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事