ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

警察取り締まりはアンダーパスと陸橋が狙われる

交通違反の取り締まりがよく行われる場所に「アンダーパス」や「陸橋」があります。ネズミ捕りを行うのに十分なスペースがあったり、白バイや覆面パトカーが待機しやすかったりという物理面だけでなく、信号がないためにスピードが出やすい心理面からも、警察の取り締まりで狙われるのです。


警察取り締まりはアンダーパスと陸橋が狙われる

アンダーパスでスピード取り締まり

有人式のスピード取り締まりである「ネズミ捕り」は、計測係と停止係、サイン会場の3部構成。計測係が隠れられ、停止係が飛び出しても危険ではなく、加えてサイン会場が設置できるスペースがある道路となると限られてきます。

その意味で、複数の交差点をまたぐアンダーパスや陸橋は、ネズミ捕りが行われやすい場所の1つ。見通しのよい直線道路ながらも、アンダーパスから登った場所や陸橋から下った場所にあるサイン会場はドライバーから見えません。

そのうえ信号のない直線が続くため、ついスピードを出し過ぎてしまうのがドライバー心理です。ネズミ捕りだけでなく、覆面パトカーや白バイによる追尾式のスピード取り締まりで捕まりやすい場所でもあります。

アンダーパスで携帯電話の取り締まり

このように、アンダーパスや陸橋はスピード取り締まりには打ってつけというわけ。とはいえ、速度超過は事故の元です。そういった場所を走行するときは、まずはスピードの出し過ぎに注意しましょう。

警察によるアンダーパスや陸橋の取り締まりは、スピード違反だけではありません。とくにアンダーパスの場合、上から見下ろして携帯電話の使用やシートベルト未装着など交通違反をチェックする場合もあります。

さらには、こういった場所は進路変更禁止区間が設置されているケースが多いことも忘れてはいけません。アンダーパスや陸橋ではいつも以上に安全運転を心がけるようにしましょう。(写真/永野まさる)

■「交通違反」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
一時停止違反は証拠がないと警察は立証できない
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
交通違反の赤キップと青キップの違いとは?
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
交通違反の点数は減点ではなく加点するシステム
免許取り消し「点数が引かれる」間違いだった
駐禁をとられても警察に出頭する必要はない
駐禁ステッカーは破り捨てても何の問題もない
路上駐車をしても違反キップを切られない場所

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事