ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ループコイル式オービス「LH型」値段はいくら?

高速道路を走るドライバーにとって、天敵ともいえる存在が速度を自動で測定し、カメラでスピード違反車を撮影して取り締まる「オービス」です。なかでも、道路に測定装置を埋め込む「ループコイル式」は、大掛かりな工事が必要で設置コストも高そうです。はたして、実際にオービス1台を設置するコストはいくらなのでしょうか。


ループコイル式オービス「LH型」値段はいくら?

オービスはループコイル式が増加中

走行速度を自動で計測し、違反者についてはカメラで撮影して取り締まる「オービス」は、全国各地の高速道路や交通量の多い主要道路に設置されています。最近は、より小型で移動可能な可搬式オービスも登場・稼働していますが、数としてはいまだ従来型のオービスが圧倒的に多数です。

従来型のオービスには、速度測定方法により「レーダー式」「ループコイル式」「レーザー式」の3種類があります。このうち、レーダー式については製造メーカーの撤退により撤去が進む一方、レーザー式に関しては大阪府内に1か所設置されるのみ。結果として、ループコイル式の割合が増えています。

ループコイル式のオービスでは、道路内に埋め込まれた2か所のコイルを通過する時間差から速度を測定。スピード違反の車両を発見すると、カメラで撮影する仕組みです。撮影に必要なカメラとストロボは、「L型」では道路脇、「LH型」では逆L字型の鉄塔を建て、車線上方に設置します。

埼玉県警の新規オービスの値段が判明

ループコイル式オービスは、国内では東京航空計器1社のみが製造・販売を行っており、一般的に速度取り締まり装置を指す「オービス」という名称も、同社製の商品名から取られています。

現在、ループコイル式オービスはL型・LH型ともに撮影用カメラはデジタル化され、撮影された違反者の画像は回線を通じて各都道府県警の中央装置へ即時伝送。このため、ループコイル式のオービスには大掛かりな道路工事や回線工事が必要となり、設置費用は高額となりそうです。

そこで、警察庁の発表資料を調べてみたところ、2019年度に国費で埼玉県警と岡山県警が導入したオービスの価格が判明。いずれも、1台あたり設置工事費込みで3500万円(税抜)となっていました。このうち、埼玉県警の新規オービスは関越道に設置されたLH型です。

■「オービス」おすすめ記事
オービスが作動する速度違反は何キロオーバー?
オービス検知アプリは新型オービスにもすぐ対応
オービスの種類と特徴はしっかり頭に入れておく
LHシステムは全国的に配備が進むオービスの主流
新型オービスの登場で変わる速度取り締まり対策
Nシステムは通行車両のナンバープレートを撮影

■「速度取締り」おすすめ記事
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
速度違反で15km/h未満で捕まる可能性はほぼゼロ
スピード違反のネズミ捕りを察知する5つの方法

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事