ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

LINEで既読つけないで読むなら「通知」を利用

定番コミュニケーションツールとなったLINEは、メッセージを読むと既読がつくのが特徴。とはいえ「読んだのに返信がない」と言われるのも面倒なものです。そこで広まったのが機内モードを使ったLINEで既読をつけない方法。今ではもっと手軽に既読をつけないでメッセージを読むことができます。


スポンサーリンク
LINEで既読つけないで読むなら「通知」を利用

LINEで既読をつけない機内モード

機内モードを使ったLINEで既読をつけない方法は、簡単にいえば外部と通信できない状態でメッセージを読むというもの。メッセージが届いたら、機内モードに切り替えでトークルームのメッセージを確認するのです。

ただし、このままでは機内モードを解除した瞬間に既読通知が飛んでしまいます。メッセージ確認後はタスク管理画面を開いて、LINEのアプリを完全終了。こうすれば次にLINEを起動するまで既読がつきません。

とはいえ、機内モードを使った方法はかなり手間がかかります。今ではもっと手軽に既読を付けずにメッセージを読むことが可能です。それがスマートフォンの「通知」を利用する方法。通知でメッセージのプレビューを読むだけです。

LINEで既読をつけないで読む方法

通知を利用して既読をつけない方法は、LINEの設定で通知を有効にしておきます。「新規メッセージ」と「メッセージ内容表示」も有効になっていることを確認してください。ロック画面や通知センターにメッセージの表示が並びます。

ただし、Androidでは、通知が一覧表示されないので確認しにくいのが難点。そこで無料アプリの「ちらみ」を導入しておきましょう。通知をまとめてくれるため、読みやすくなります。

iPhone6s以降は、LINEのトーク一覧画面で目的のトークルームをPeek(軽く押し込む)することでも、既読をつけないでメッセージを読むことが可能。ポップアップで内容がチェックできます。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事