ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

捜査

ハロウィン事件で逮捕者を特定した「SSBC」とは

ハロウィン直前の週末に東京・渋谷で軽トラックを横転させたとして男4人が逮捕されました。報道によると、捜査には「SSBC」と呼ばれる「警視庁捜査支援分析センター」も加わって、防犯カメラやスマート[…続きを読む]

盗犯を扱う捜査三課の元刑事が教える空き巣対策

2017年の犯罪認知件数は90万件。このうち7割以上を占めているのが窃盗犯です。ひったくりを含めて、50秒に1回は、窃盗事件が起こっている計算になります。そして、警察の刑事部の中でも窃盗犯を扱[…続きを読む]

警察のエリート集団「捜査二課」なぜ口が固い?

捜査二課とは刑事部の中でも、企業の横領や談合に脱税、贈収賄や選挙違反、詐欺などの知能犯を扱う部署です。大きな経済事件を担当するエリートコース。捜査二課をまとめる二課長は警視総監の登竜門といわれ[…続きを読む]

捜査三課の元刑事が教える泥棒から家を守る鉄則

刑事といえば捜査一課を思い浮かべる人も多いはず。刑事部には「一課」のほかに「二課」と「三課」、そして「四課」があります。捜査一課が殺人や強盗といった強行犯を扱う一方、二課は「知能犯」、三課は「[…続きを読む]

警察のエリートコース「捜査二課」の仕事とは?

刑事部捜査第二課は企業の横領や談合に脱税、贈収賄や選挙違反、詐欺などの知能犯を扱う部署です。捜査二課は大きな経済事件を担当する、警察のエリートコース。中でも捜査二課をまとめる二課長は警視総監の[…続きを読む]

鑑識は捜査一課を立入禁止にもできる影の実力者

事件が発生すると、捜査一課の刑事より先に現場に駆け付けるのが鑑識課員。証拠採取の専門である鑑識課員は、プロの技術で証拠をあぶり出します。事件現場では、時には刑事よりも立場が上になることもあるほ[…続きを読む]



覆面パトカーでもマグネット式赤色灯なら捜査用

覆面パトカーとひと口にいっても、交通パトカーと捜査用パトカーに大きく分けられます。交通パトカーは交通取り締まりがおもな目的である一方、捜査用パトカーは交通取り締まりは行いません。ここでは捜査用[…続きを読む]

現代の警察がいま力を入れている3大捜査とは?

ますます複雑化し凶悪化するサイバー犯罪や国際テロ事件。従来の捜査手法では追いつかなくなった、これらの最新事案に対して、警察組織は取り組みを強化しています。それとともに現在、警察の捜査手法は大き[…続きを読む]

科学捜査は鑑識と科捜研とで役割が違っている

科学の力によって成り立つ科学捜査は人間の思惑が介入しない、中立の立場として事件解決に大いに役立っています。科学捜査と聞くとDNA鑑定などが思い浮かびますが、指紋採取も立派な科学捜査。鑑識と科捜[…続きを読む]


オススメ記事

LINEのトーク内容を盗み見する方法とその防衛策

圧倒的ユーザー数を誇るLINEは当然、秘密の連絡にも使われます。LINEのトーク内容は探偵が重点調査対象とするものの1つです。そこで、LINEのトーク内容を探偵が入手する手口を見ていくとともに[…続きを読む]

盗聴はアプリを入れればできる

盗聴といえば、自宅や会社など目的の場所に直接「盗聴器」を仕掛ける電波式盗聴が主流でした。しかし、スマホ、タブレットPCなどのモバイル機器が普及した現在、それらの端末を利用した“デジタル盗聴”が[…続きを読む]

チョコボールのエンゼルを見分ける方法

おもちゃの缶詰は、森永製菓「チョコボール」の当たりである“銀のエンゼル”を5枚集めるともらえる景品。このおもちゃの缶詰をもらうために、チョコボールのエンゼルを見分ける方法を紹介しましょう。1番[…続きを読む]

iPhoneの裏ワザはキャリアごとに違う

iPhoneには伝統的に受け継がれている裏ワザがあります。もちろん最新のiPhone6でも健在なその裏ワザとは、隠しコマンドで起動するフィールドテストモードです。そして、この裏ワザでわかる使用[…続きを読む]

LINEを既読つけないで読む方法

LINEで「既読」をつけないで読む方法を紹介しましょう。LINEはメッセージを読んだ瞬間、相手に既読の通知が届きます。しかし「機内モード」でメッセージを読めば、既読がつかないのです。ただし、解[…続きを読む]