ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

エアコンのカビ取りを自分でメンテナンスできた

外観はきれいに見えても、エアコン内部はかなり汚れている可能性があります。湿気やホコリが溜まり、カビの温床になっていることもあるのです。市販のエアコンクリーニングスプレーは、ホコリや汚れを取ることはできても、カビ取りは無理。エアコンのカビ取りを自分でメンテナンスしてみましょう。


スポンサーリンク
エアコンのカビ取りを自分でメンテナンスできた

エアコンのカビ取りメンテの下準備

エアコンのカビ取りに香り付きスプレーを使うと、香りの成分がカビの原因になり、逆効果というケースもあります。1番確実なのは業者に分解洗浄を依頼することですが、1万~3万円ほどかかるため、毎シーズン頼むのは金銭的に大ダメージです。

そこで、自分でできる範囲のエアコンのカビ取りクリーニングの方法を紹介しましょう。フィルター掃除の一歩先を進んだ洗浄が、DIYで可能です。

まずはエアコンのカビ取りメンテナンスの下準備。洗浄液が送風口から垂れてくるため、ゴミ袋を装着します。壁とエアコンの間に隙間があるので、そこに滑り込ませるようにセットしましょう。

エアコンのカビ取りクリーニングのポイントは洗剤選び。タバコのヤニやカビを落とすにはアルカリ性洗剤が必要ですが、エアコンのアルミフィンが反応して腐食してしまいます。

エアコンのカビ取りはしっかり乾燥

そこで、酸性洗剤を重ねて吹きかけることで中和して腐食を防ぐのです。今回はアルカリ性の油汚れマジックリンと、酸性の防カビバスクリーナーを使用しました。

カビ取りクリーニングはまずエアコンのコンセントを抜き、ホコリ取りフィルターを外してシャワーなどで洗い落とします。続いて、ホコリ取りフィルターの下にある、アルミフィンや送風口周りを掃除するステップです。

ここではアルカリ性洗剤を直接、吹き掛けていきます。汚れがひどい場所は、隙間掃除ブラシでこすって落としてください。泡が消えたら、その上から酸性洗剤を吹きかけます。再び泡が消えるのを待ったら、沸騰させてカルキを飛ばした水や蒸留水を使い、洗剤を洗い流すのです。

具体的には、スプレーボトルなどに入れて洗剤が落ちるまで吹きかければOK。最後に、エアコンを送風モードにして、内部をしっかり乾燥させればエアコンのカビ取りメンテナンスは終了です。(文/Toybox)

■「エアコン」おすすめ記事
隠しカメラとは思えないエアコンのリモコン型
エアコンフィルター掃除と内部洗浄を自分でやる
車のエアコンの臭いはエバポレーター洗浄が効く
エアコンのリモコン操作で隠しモードに入る方法

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事