ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ZIPファイルの解凍でおこる文字化けを防ぐ方法

ZIPファイルを解凍してみたら、ファイル名やファルダ名が意味不明の漢字やカタカナに文字化けしてしまった経験は誰にでもあるはず。これはMacとWindowsで圧縮・解凍時に使われる文字のエンコードが異なるために起こります。そこで、ZIPファイルの解凍でおこる文字化けを防ぐ方法を紹介しましょう。


スポンサーリンク
ZIPファイルの解凍でおこる文字化けを防ぐ方法

ZIPファイルの解凍で文字化けする

Mac上で圧縮されたZIPファイルをWindows上で解凍すると、フォルダ名やファイル名が文字化けすることがあります。特に、ファイル名などが日本語だと意味不明な文字列になって、中身がまったく分かりません。

この文字化けはMac上とWindows上で、それぞれ圧縮・解凍時に使われる文字のエンコードが異なるために起こる現象です。具体的には、Macでは「UTF-8」で圧縮しており、Windowsでは「Shifrt-JIS」で読み込んで解凍します。

このため、ファイル名に日本語を含んでいると、文字のエンコードの問題で文字化けしてしまうのです。そこで、ZIPファイルの解凍でおこる文字化けを防ぐ方法を2つ紹介しましょう。

圧縮・解凍ソフトの新定番で解凍

ZIPファイルの解凍でおこる文字化けを防ぐ1つめの方法は、UTF-8に対応した解凍ソフトを使うというもの。かつては、圧縮・解凍ソフトといえば「Lhaplus」が定番でした。

そして現在、圧縮・解凍ソフトの新定番となっているのが、高効率で圧縮できる「7-Zip」です。もちろん、Mac上で圧縮したZIPファイルも文字化けすることなく正しく解凍できます。

2つめの方法は、Microsoftの修正プログラムを導入すること。Windows7では修正プログラムの導入で、標準の解凍機能でも文字化けを防げる場合があります。それでも文字化けする場合は、7-Zipを利用するのが簡単です。

■「ZIPファイル」おすすめ記事
ZIPやPDFのパスワードは総当たりで解析できる

■「パスワード」おすすめ記事
パスワード管理ソフトのオススメは「KeePass2」
ウイルスチェックを50以上のソフトで一括スキャン
無料のセキュリティソフトならAviraがオススメ
キーロガーはUSB型を設置されたら発見は困難
無音カメラの動画版アプリはパスワードが2種類
指紋認証でPCのセキュリティを万全にする!
USBメモリおすすめはパスワード+指紋認証
WEP方式のWi-Fiパスワードは解析できてしまう

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事