ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ダメになった人が続出…CDの寿命は実は短かい?

最近、Twitterで「昔のCDが壊れて聞けなくなった」というツイートをちらほら見かけます。CDが誕生した1980年代、音が劣化せず100年は持つと言われていた割には、ずいぶん早い話です。もし、CDの寿命が言われていたほど長くない場合、今持っているCDはどうなってしまうのか、気になるところです。


スポンサーリンク
ダメになった人が続出…CDの寿命は実は短かい?

もともとCDには傷みやすい性質が

結論からいえば、CDそのものに○○年といった決まった寿命はありません。しかし、購入してから数十年経つと劣化が進むこともこれまた事実なのです。その理由は、CDの構造によります。

CDは音データを記録する薄いアルミニウムの面を、2枚の樹脂面ではさむ仕組みになっています。このうち、アルバム名などが印刷される側の樹脂が薄く、傷みやすいのです。

とくに、CDが誕生した80年代はまだ製造技術が確立されていなかったため、品質にばらつきがあったようです。それから30年以上が経ち、質の悪いCDが聞けないという話が数多く出てくるようになった、ということでしょう。

CDは湿気が少なく暗いところで保管

もっとも、CDの保管状態によっては数十年どころか数年でダメになることもあります。一番良くないのはCDの面を指でベタベタ触り、そこにカビが生えるパターン。無理にこすって取ろうとするとアルミニウムまで削ってしまい、再生できなくなります。

CDを保存するときに避けた方がいいのは、湿気が多い場所です。アルミニウム面をはさむ樹脂には、ごくわずかですが水蒸気を通す性質があります。入り込んだ水蒸気が多くなるほど、それが原因で記録面が徐々にさびる可能性が高くなります。

また、太陽光がガンガンあたるような場所もCDにとってよくありません。これは、強い太陽光がCDに入り込んだ水蒸気とアルミニウム面の化学反応を進ませるためです。また、夏の車内などの高温環境はCD自体を変形させダメにしまうので要注意です。

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事