ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

NHK集金人に受信契約を迫られたときのNGワード

NHKと受信契約を結ばないでいると「NHK集金人」といわれる営業マンが繰り返し訪ねてくることになります。NHK集金人のなかには、強引な手口で受信契約を迫る人もいて、各地でトラブルの報告があるようです。それでは、こうした強引なNHK集金人へ出会ってしまった場合、どのように対処することが一番正しいのでしょうか?


NHK集金人に受信契約を迫られたときのNGワード

NHK集金人に会わない話さないが一番

街中をひすら巡り、NHK受信契約の未契約者から新規契約をとりつける仕事は「契約・収納業務」と呼ばれ、現在はNHKから民間委託された会社が行う割合が約8割です。しかし、委託会社によりNHK集金人の質にばらつきがあり、強引に契約を迫るスタッフがトラブルを起こしているという話も少なくありません。

もし、NHK集金人に強引にNHK受信契約を結ぶことを迫られた場合、どうすればよいのでしょうか。ここで重要なのは、NHK集金人は訪問先の個人情報を一部の例外を除き持っていないという点です。つまり、正しい住所やNHKとの契約情報、さらにはテレビ設置の有無を知ったうえで受信契約を結べといっているわけではありません。

そのため、NHK集金人が訪れた際には、とにかく会わない、話をしないことが一番です。なかには、会わないといっているのに強引に自宅に上がり込もうとするNHK集金人も存在するようですが、その場合は「帰って下さい」を繰り返せばOKです。万が一、それでも居座るようであれば、刑法上の不退去罪となります。

NHK集金人に話してはダメなNGワード

また、あまりにもしつこいNHK集金人の場合は、名刺などで委託会社名を確認の上、その会社やNHKへクレームを申し立てるというのも手です。その場で強引に結ばされた契約は、無効になる可能性も出てくるため、NHKや委託会社側もそれなりの対処法が求められます。

「NHK受信契約は義務」などと迫られた場合、「裁判して下さい」と対応したケースもあるようです。自宅にテレビを設置している場合、NHK受信契約が義務であることに間違いありませんが、過去の裁判例によればNHKが視聴者へ受信契約を強制するには、裁判を含む法的手続きを踏む必要があるためです。

ただし、NHKが本当に法的手続きを進め、その過程でNHK側へテレビの所有・設置が判明した場合、裁判で勝てる見込みは非常に薄いのも事実。そのため、NHK集金人へ「NHKの番組はつまらない」「NHKは見ない」といったテレビ所有を匂わせる発言をすることは禁物です。

■「NHK集金人」おすすめ記事
NHK集金人が拒否しても何度も訪問してくる理由

■「NHK」おすすめ記事
NHKの受信契約を解約できる条件と手続き方法
NHK受信料を「家族割引」で半額にする方法とは
ホテルのテレビ「NHK受信料」どうなっている?
NHK受信料未払いに「罰則規定がない」の意味は?
BS再編で行われた「イラネッチケー潰し」とは
カーナビはNHK受信料を払う義務がある?ない?
引越しを機にNHK受信料の支払いはやめられる?
NHK受信料裁判の流れを変えたフィルターとは?

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事