ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

NHKがBSメッセージを地上波に展開できない事情

NHKのBS放送は、NHKに手続きをせずに見ていると、画面左下にメッセージが表示されます。画面の1/4をBSメッセージが占める状態では、スポーツ中継ではほとんど番組が楽しめません。このBSメッセージを地上波に展開すれば、NHKは契約者を大幅に増やせそうなものですが、じつはそこまで踏み切れない裏事情があるのです。


NHKがBSメッセージを地上波に展開できない事情


NHKのBSメッセージは30日前後に表示

新しいテレビを購入し、一定期間が経過するとNHKのBS放送は「受信機設置のご連絡のお願い」というメッセージが表示されます。BSメッセージが表示されるまでの期間について、CATV会社のアナウンスによればが30日前後です。

NHKと衛星契約を結んでいる場合、BSメッセージ消去の専用サイトでテレビのB-CASカード、あるいはACASチップの番号を送ります。その後、NHKのBSチャンネルにテレビを合わせて10分ほど待機すると、メッセージが消去されるのです。

「協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない」というのが放送法の規定。それでもNHK受信料の推計世帯支払率は、2022年度末で全国平均78.3%止まりです。


NHKのBSメッセージを地上波に展開する

ここで、BSメッセージの仕組みを地上波にも展開するとどうなるでしょう。未契約でNHKを視聴し続けている人も、メッセージが邪魔で仕方なくNHKと契約して受信料を支払うようになるように考えられます。しかし、じつはそうはできない事情があるのです。

まず1つには、BSメッセージの表示/非表示にはB-CAS・ACAS番号が利用されています。一方、2013年にB-CASとは別に地デジに導入された「RMP」という仕組みが存在。RMPのみでB-CASを搭載していないテレビやチューナーも発売されています。そして、このRMPには視聴制限機能がないのです。

そして、NHKが地上波にBSメッセージを展開できないもう1つの事情は、NHKが「公共放送」だという点にあります。NHKが受信料を払った人だけがメッセージなしで視聴できる場合、メッセージを消去しない状態では「受信できる設備」といえず、NHK受信料が不要ということになるのです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

あわせて読みたい記事

関連する記事は見当たりません。