ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

プリウス「隠しコマンド」表示される裏メニュー

家電製品やスマホに隠しコマンドがあるように、カーナビにもある操作をすると表示される裏メニューがあります。さっそく、プリウス純正カーナビの裏メニューを表示させる方法を紹介しましょう。このほか、プリウス本体にもアクセルやブレーキで動作する隠しコマンドが用意されています。


プリウス「隠しコマンド」表示される裏メニュー

プリウス純正カーナビに隠しコマンド

プリウスの純正カーナビは、隠しコマンドを入力することで簡易的な「ダイアグモード」に入ります。ダイアグモードはメーカーのサービスマンが検査・修理用に使うもので、さまざまな設定の変更や確認が可能です。

そんな裏メニューを表示させるための隠しコマンドは、プリウス純正カーナビの「現在地」ボタンを押したまま、スモールライトを3回オン/オフするというもの。これでダイアグモードに入ります。

実際に、プリウスの純正カーナビに隠しコマンドを入力してみました。すると、表示されたダイアグモードのトップ画面には「故障診断」「機能検査・調整」「サービス情報」「製品情報」のメニューが並んでいます。

故障診断のメニューからは、簡易セルフチェックが実行可能。また、セキュリティ解除コードが不明なため、SDカードコピーや走行中のテレビ視聴制限などの設定は変更できませんでした。

プリウス隠しコマンドで特殊なモード

このほか、プリウス本体にも隠しコマンドが存在。エンジン始動前に隠しコマンドを入力すると、2種類のメカニック用の特殊な「メンテナンスモード」と「サーティフィケーションモード」に突入するのです。

プリウスは停車時には、エンジンが停止状態。それが「メンテナンスモード」では強制的にエンジン駆動となり、エンジン調整・排ガス測定・スピードメーターテストなどが行えるのです。また「サーティフィケーションモード」では、エンジン駆動は無しのままスピードメーターやダイナモメーターのテストができます。

プリウス本体の隠しコマンドは「A/C OFF」の状態でPOWERボタンを2回押して「!」マークがオレンジ色に点灯するのを確認。左足でブレーキを踏み、Pモードでアクセルペダルを2回踏み込みます。

続いて、Nモードにしてアクセルペダルを2回踏み込み。Pモードにしてアクセルペダルを2回踏み込みます。インジケーターランプがオレンジ色に点滅したら、ブレーキを踏んだ状態でPOWERボタンを押すのです。なお、ペダルを踏む回数が各2回なら「メンテナンスモード」、3回なら「サーティフィケーションモード」となります。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事