ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC利用で一番トクするクレジットカードは?

ETCカードを作るときには、特別なケースを除くと高速料金を支払うためのクレジットカードが必要になります。そして、実は元になるカードの選び方次第で、ETCカードのお得度も変わってくるのです。さらに、高速会社と提携したクレジットカードもあり、ETCで使えばおトク度もアップしそうですが、実際のところはどうなのでしょう。


ETC利用で一番トクするクレジットカードは?

ETCカード発行手数料が無料のクレカ

高速道路でのETC利用に必要なETCカードは、ETCコーポレートカードやETCパーソナルカードなどを除くと、通常はクレジットカードに紐付けする形で発行されます。利用した通行料金は、元になるカード利用と合わせて請求が届き、銀行口座から引き落とされる仕組みです。

ここで、元カードのポイントプログラムがおトクであれば、ETC利用時のメリットは大きくなるのが原則。しかし、ETC利用時のポイント還元率だけ低く抑えられているカードも存在します。そこで、ETC発行に対応したクレジットカードのなかから、ETC利用時にポイントが貯まりやすいものを探してみました。

なお、今回は手軽に利用できるという意味で、ETCカードの追加発行手数料が無料のクレジットカードのみを対象にしています。また、ダイナースクラブカードや各種ゴールドカード・プラチナカードなど、年会費が税抜1万円を超えるカードも対象外としました。

ETCのポイント還元率が1%のクレカ

まず、三井住友カード・MUFGカードといったいわゆる「銀行系カード」は、ETC利用に限ればポイント還元率が低い傾向にあります。銀行系に近いJCBには、39歳以下限定で申し込み可能でポイントが倍になる「JCBカードW」というものがありますが、それでもポイント還元率は0.6%です。

また、丸井系列のエポスカード、セゾンカードなど、実店舗を系列に持つ「流通系」と呼ばれるカードは、系列グループ店のショッピングには有利ですが、ETC利用についてはポイントアップがないため不利。例えば、セゾンカードの場合、ETC利用分のポイント還元率は0.45%となります。

ただし例外もあり、TSUTAYAなどをグループに持つCCCが発行する「Tカード」の場合、ETC利用時のポイント還元率は1%です。また、銀行系でも流通系でもないオリコカードや「ネット系」の楽天カード・Amazonカード、「電話系」ともいえるau WALLETカードとdカードもETC利用で1%還元されます。


ETCで一番トクするNEXCO西日本カード

これまで見てきたカードとは別に、高速道路会社と直接提携を結んだクレジットカードもあり、現在NEXCO3社と首都高速・阪神高速が発行しています。NEXCO東日本の「E-NEXCO pass」にはニコスカード・イオンカードの両方がありますが、その他4社はいずれもイオンカードのみです。

このうち、NEXCO東日本・中日本と首都高速・阪神高速が提携するイオンカードについては、ポイントプログラムだけで考えた場合は還元率が1%に達しません。一方、ニコスが発行する「ニコス E-NEXCO pass」については、オリコカードなどと同じくETC利用での還元率が1%となります。

そして、高速道路でもっともポイント還元率が高いといえるのが「イオンNEXCO西日本カード」。こちらは、平日のETC利用で還元率が1%になるだけでなく、土日は1.5%とさらにアップ。NEXCO西日本路線だけでなく、NEXCO東日本や首都高速など全国の高速道路がポイントアップの対象となっています。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事