ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETCを使うだけで高速料金が半額以下になる路線

高速道路がETC限定で割安になるサービスのなかでも、東京湾アクアラインと本四高速の割引は大幅に安くなることで有名です。しかし、アクアラインや本四高速以外にも、ETCを使うだけでおトクになる路線は数多く存在。そのなかには、ETC限定で高速料金が半額以下になるケースもあるので要チェックです。


ETCを使うだけで高速料金が半額以外になる路線

割高料金の特別区間がETC利用で割引

高速道路の「ETC割引」には、ETC休日割引やETC深夜割引のように走行日や走行時間で割引されるもののほかに、特定の走行区間について行われている割引が存在します。代表的なものが、東京湾アクアラインに適用される「アクアライン割引」で、割引率は約75%にも達します。

しかし、アクアラインほどの割引率ではありませんが、全国各地にETCを利用するだけで割引になる路線が多数存在するのです。まず、NEXCO3社路線のなかでも、長いトンネルや海上橋で建設コストが高かった部分については「特別区間」として割高な料金設定になっている箇所がありますが、ETCを利用すると他路線並みまで割引されます。

特別区間のうち、関越トンネル・恵那山トンネル・飛騨トンネルが1kmあたり普通車39.36円のところが、ETCを利用すると「普通区間」扱いとなり、1kmあたり24.6円。また、関門橋は「関門特別区間」として1kmあたり普通車64円と高額な料金設定ですが、こちらもETC利用で1kmあたり24.6円まで割引されます。

圏央道には連続走行のETC割引が存在

また、両端を阪和道にはさまれている湯浅御坊道路、広島県西部にある広島岩国道路については、過去の高速道路料金体系の名残で通常料金が割高。こちらもETC利用で1kmあたり24.6円となります。広島岩国道路の場合、廿日市JCT~大竹JCTの通行料金は現金利用が普通車780円のところ、ETC利用では370円と半額以下です。

首都圏を迂回する圏央道、そして名古屋中心部を迂回する東海環状道については、接続する路線との連続走行についてETC割引が用意されています。圏央道の場合、東京都心側のIC(久喜IC)と圏央道各IC間の走行について、普通車で10~300円のETC割引が走行区間ごとに定められています。

また、東海環状道の豊田東JCT~関広見IC・大垣西JCT~養老JCTと関ヶ原IC~豊田IC・名古屋南IC~豊田東IC・一宮西IC~美濃IC・小牧東IC~土岐IC・岡崎東ICをそれぞれ発着すると、ETC限定で連続走行割引が適用になります。こちらは車種に関係なく割引額は150円です。

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事