ネットの活用法や便利なアプリ、お得な買い物テクニックなど知って得する情報を毎日更新しています。

ETC限定「スマートIC」とPAの両方を使う裏ワザ

ETC限定で出入りできる「スマートIC」は、SA・PAへ併設されるケースが増えています。スマートICは活用しだいで高速料金・走行時間を節約できて便利。しかし、走行ルートによってはSA・PAの施設が利用できない場合もあります。実は、スマートICから出入りするとSA・PA施設へ行けない場所には、SA・PAを利用する裏ワザがあるのです。


ETC限定「スマートIC」とPAの両方を使う裏ワザ

スマートICはSA・PA併設型が増加中

高速道路の「スマートIC」は、通常のICを建設するにはスペースが足りない場所からもETC限定で高速道路へ出入りするために導入されました。日本で最初のスマートICは福島松川スマートICで、2004年10月に福島松川PA内へ試験的に導入。2006年10月から同ICなど18か所で本格運用がスタートしています。

スマートICは、日本平久能山スマートICのように単独設置されるパターンもあるものの、ほとんどはSA・PAへ併設されています。その理由は、SA・PAには職員の通勤や非常時の出入り用に、もともと一般道側へアクセス道路が整備されているためです。

ただし、SA・PAへ併設されたスマートICから出入りする場合、SA・PAの施設が利用できないケースが発生します。例えば、常磐道の友部スマートIC(下り)の場合、スマートICから常磐道へ乗るパターンではSA・PA施設の利用は不可能。逆に、常磐道からスマートICで降りる場合はSA・PA施設が使える…といった具合です。

スマートIC前に一般道側駐車場を活用

スマートICと併設されたSA・PA施設を両方利用できるかどうかは、NEXCO各社のWebサイトで紹介されています。しかし、SA・PAが利用不可能となっているスマートICであっても、SA・PAを利用する裏ワザが存在。それは、SA・PAの一般道側に用意された駐車場を利用するというものです。

というのも、最近はSA・PAの一般道側に利用者向け駐車場を用意するケースが増えているためです。先ほどの友部スマートIC(下り)であれば、一般道側に10台ほどの利用者向け駐車場が用意されています。

友部スマートICから高速道路に乗るとPA内の施設が利用できないものの、スマートICへ分岐する交差点に友部SAの一般道駐車場の案内があります。友部SAの施設を利用したい場合は、この案内に従い一般道向け駐車場へ駐車。レストランなどを利用したうえで、再び戻りスマートICから高速道路へ乗ればOKです。

The following two tabs change content below.

ラジオライフ編集部

ラジオライフ編集部三才ブックス
モノ・コトのカラクリを解明する月刊誌『ラジオライフ』は、ディープな情報を追求するアキバ系電脳マガジンです。 ■編集部ブログはこちら→https://www.sansaibooks.co.jp/category/rl

この記事にコメントする

この記事をシェアする



あわせて読みたい記事